人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.18

AI×ロボット緊急対談!石黒浩×堀江貴文・第5回「コピーが人間の代わりに働く時代になる!」

有名人のアンドロイドを続々と開発

堀江:あれで利益が出せるのはすごいですね。もっと、いろいろな人のヤツを作ってほしいですね。

石黒:ただ、採算を取ることを目的にすると、マツコさんくらいの知名度とか番組の企画とかじゃないと、難しい面はありますよ。だから、すでに作ったものの採算で言えば、黒柳徹子さんの「徹子ロイド」とか、夏目漱石の「漱石ロイド」は取れるでしょうし、最近だと勝新太郎さんや立川談志師匠のものも作ってますけど、そのあたりも人気は出るでしょうね。

堀江:あ? もう、そんなにあるんですね。談志師匠は寄席でやるんですか?

石黒:そうですね。談志師匠のいちばん良いときのパフォーマンスを再現しているので、ある意味、永遠の命みたいなものですよね。銅像の代わりに自分の会社に置いておきたいという社長のオファーもありますよ。

堀江:へぇー。海外からのオファーはあります?

石黒:ありますよ。数台作りました。自動翻訳の技術を合わせれば、いろいろな言語が使えるので、僕のアンドロイドも海外講演などで使ってますよ。あとは政治家のオファーもあったんですが、政治的な理由でダメになりました(笑)。

堀江:たしかに政治家はニーズありますね。選挙戦の演説とかで使えれば、楽になりますよね。失言もないでしょうし。僕もよく講演を頼まれんですけど、面倒くさいんで、ほとんど断っているんですけど、ロボットが代わりにやってくれたらいいなあ。

石黒:僕の場合だと、ロボットにみんな興味があるんで、僕本人が行くより喜ぶかもしれない。海外から講演オファーとかあれば、うちのスタッフが持って行って講演してきます。楽チンですよ。

堀江:へぇー。

石黒:自動翻訳の技術があるから、僕が遠隔で日本語で話していても、現地では英語で流れているっていうこともできます。現地からの英語の質問に、日本語で答えても大丈夫。

堀江:超いいですね。

石黒:講演以外でも、例えば、平田オリザさんがアンドロイド演劇っていうのをやっています。遠目に見たら完全に人間なんで、後ろの客席からは見分けがつかない。そういうエンターテインメントへの応用もありますよね。

堀江:最近、ミュージカルにも出たんですけど、エンタメ分野での活用方法もいろいろありますね。僕も作ってみたいんですけど、いくらくらいで作れるものなんですか?

石黒:堀江さんの給料3か月分くらいあれば大丈夫だと思いますよ(笑)。
(2月20日公開予定のシリーズ第2弾へと続く)

石黒教授は自身のアンドロイドを使った講演もしている

(プロフィール)
石黒浩(Hiroshi Ishiguro)
1963年、滋賀県生まれ。ロボット工学者。大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻・特別教授、ATR石黒浩特別研究所客員所長&ATRフェロー。知能ロボットと知覚情報基盤の研究開発を行い、次世代の情報・ロボット基盤の実現を目指す。人間酷似型ロボット「アンドロイド」研究の第一人者。

堀江貴文(Takafumi Horie)
1972年、福岡県生まれ。実業家。SNS media&consulting株式会社ファウンダー。ライブドア元代表取締役CEO。現在は、ロケットエンジン開発やさまざまな事業のプロデュースなど多岐にわたって活動する。最新刊は、AIやロボット開発の最先端現場を取材してまとめた『僕たちはもう働かなくていい』。

■関連情報
https://www.shogakukan.co.jp/pr/mo_hatarakanai/

「僕たちはもう働かなくてもいい」(著・堀江貴文/小学館新書)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07N74P6NT/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。