人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

独身でいることで享受できる7つのメリット

2019.02.13

独身でいることの7つのメリット

 自ら望んでシングルでいるのか、それとも不本意な独身生活なのかで、もちろん生活の満足度(well-being)は大きく違ってくるのだろう。独身でいることを前向きに考えるのであれば、健康へのメリットが7つもあるというから興味深い。

●より多い運動量

 2004年のアメリカの研究によれば、18歳から64歳の1万3000人の未婚者を調査したところ性別に関わらず他のカテゴリー(既婚者、離婚者、別居者、死別者)よりも運動量が多いことが突き止められている。もちろん運動は健康にとってポジティブな効果をもたらす。

●身体を労わっている

 健康データを分析すると、既婚女性よりも未婚女性のほうが医療機関の利用回数などで自分の健康に気遣っていることが浮き彫りになっている。一方で2013年の研究では結婚して幸せを感じているカップルは、結婚から4年後の時点で体重が増える傾向があることが報告されている。

●挑戦ができる

「一部の専門家は、独身の人々は既婚の人々よりも粘り強く回復力があり、より強いソーシャルネットワークを形成できることから、社会的なより多くのチャンスを得られると示唆しています」と、性科学者のジェス・オライリー博士は言及している。独身者は仕事やソーシャルな活動でより多くの挑戦ができるのだ。

Your Tango」より

●健康な食生活

 人間関係の輪の中にいることのメリットを主張する研究が多い一方、ネガティブな人間関係は心身への悪影響をもたらす。カップル間の関係悪化はさまざま悪習慣を招き、その中には食生活の劣化、不健康化もあるということだ。

●友人関係が長く続く

 結婚した時点でパートナーと家族が最優先の人間関係になり、残念ながらそれまでの友人との関係が疎遠になってしまうケースも少なくない。だが独身者は多くの友人と意味のある関係を長く保てる条件下にある。

●自己破産のリスクが低い

 経済状態は健康や幸福とは違うものだが、借金やローンはきわめて強いストレスになり得る。独身者のほうが負債が少ない傾向があり、お金の問題でのストレスを抱え込まないぶんだけ心身の健康を保ちやすい。

●自分の人生を楽しめる

 自分の手の中に自分の人生があるのならば、自ずから1人でも充実した時間を楽しむ方法を学ぶことができる。単独で気分を高揚できる能力は、カップルで楽しむこととはまた違った重要な生存スキルなのだ。

 シングル生活を続けるならばそのメリットをじゅうぶんに享受して、日々の生活と“自分の人生”を送っていきたいものである。

文/仲田しんじ

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年3月16日 発売

特別付録は進化した「超望遠12倍スマホレンズ」!5Gの最新情報や今買うべき新製品を一挙紹介!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。