人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.13

自己申告の“アレ”の大きさは信用できない!?

 敏腕営業マンのごとく押しが強く頼もしい男性にもし“男性自身”のサイズを尋ねてみたら……。たいていの場合、盛りに盛った“粉飾”申告になることが最新の研究で報告されている。

社交性の高い男性ほど“男性自身”のサイズを誇張

 身長や体重を尋ねるのはマナー的にはあまりよろしくなさそうだが、伝えられた自己申告の数字に疑問を感じるケースもある。もちろん実際に計測してみればその真偽は一目瞭然なのだが、自覚のあるなしに関わらず“粉飾”している人もいないとは限らない。

 米・クレムソン大学の研究チームが2019年1月に「Journal of Sex & Marital Therapy」で発表した研究では、自身のペニスサイズについての自己申告の数値がいかに誇張されているのかが指摘されている。

 実験に参加した130人の性経験のある男子大学生はまず最初に、社会的交流にどれほどの意欲があるのかを計測する心理テスト(Marlowe-Crowne social desirability)を受け、その後に自身のペニスのサイズ(勃起時)の長さを聞かれて自己申告した。

PsyPost」より

 申告されたペニスのサイズは不自然なほど大きかった。平均サイズ範囲内と思われる6インチ(約15センチ)以下と回答したのは27%にとどまり、一方で31%が7インチ(約18センチ)以上あると自己申告していたのだ。さらに10%はなんと8インチ(約20センチ)以上あると言い張って(!?)いるのである。

 これまでの調査で成人男性のペニスサイズの平均はせいぜい5インチ(約13センチ)を僅かに超えるくらいであることが示されているのだが、この大学生たちの自己申告はこれをはるかに凌駕している。そして心理テストとの関係性を探ったところ、社会的交流に意欲的な者ほど、申告しているペニスサイズが大きいこともまた突き止められた。

 研究チームは彼らの申告サイズの多くは“粉飾”で、社交に意欲的な者ほどこの誇張の程度が大きいと結論づけている。基本的に我々は自分のスペックについて“盛ったり”、あるいは“サバを読んだり”する存在なのかもしれない!?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。