人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

触った!聴いた!ポタ研2019冬で見つけた注目の新作オーディオとレアモノ【自作編】

2019.02.16

●高難易度! フルディスクリートオペアンプ作成キット

さらに「SoundPotion」に展示されていたのは、オペアンプに近いサイズのフルディスクリートオペアンプキット。これはほんとに小さい。指先に載るサイズ。しかも2層基板である。まあ部品点数が少ないから、ハズキルーペがあればできると思うけど。コテ先はIC用の細いタイプが必要。試聴用のポタアンに組み込んで聞いてみると、S/N感がよく低音の量感も出る。さすがディスクリート、しかし、この基板だけ作っても音が出ないことを考えると難易度はやっぱり高いか。

外観は1回路入りのオペアンプを2回路入りにするときに見かける基板に似ている。しかし、使われているのはオペアンプではなくトランジスタと抵抗などの部品だ。

基板のキットで、このような状態に連結されている。

キットを鳴らすためのポタアン。中央に差し込まれた2枚の基板がフルディスクリートオペアンプ作成キットである。

●なんとDAC内蔵ポタアンまでキット化!

こちらはデジタル入力専用のDAC内蔵ヘッドホンアンプ。デジタルボリューム採用で、入力はφ3.5mmの同軸か光デジタル入力。192kHz/24bit対応。PCM5122を使ったディスクリート構成のアンプ。カッチリした輪郭のハイスピードな音。デジタル接続ならではの情報量の多さが感じられた。ケースの作りも美しい。製品名は『FluXiaM』で、主要部品入りのキットは1万円。全パーツ入りキットが2万円で、どちらもケース付属。完成品は3万9800円で販売予定である。

手前のシルバーのケースが『FluXiaM』で、右のDAPのデジタル出力と接続している。

デジタルボリューム採用、設計したのはアナログだけでなくデジタルにも意欲的なDR.KSKさん。

●ぽっけさんの謎のポタアンの新作登場

前回、高音質な『謎のポタアンX』として登場していたポタアンの新作も展示された。設計者はぽっけさんで、前作ではバイアス電圧を作るためにLEDを使っていたが、今回はトランジスタを2個ペアで使っているという。LEDでは電圧が高すぎたため抵抗を挟んだが、今回はピッタリの電圧を作り出しいるため、その抵抗が不要になったそうだ。聴き比べてみると、新作の方が明らかにワイドレンジで、高域のヌケが良くなっている。夏以降に発売予定。別売でケースも入手できる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。