人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.14

一度使ったらやめられない!機能もデザインも進化するビジネスリュックの選び方

2月16日発売のDIME最新号では、ビジネスリュックを大特集! トレンドから定番へかわりつつあるビジネスリュックの新作を67点、一挙紹介しています。今回はその一部を先行公開!

2/16発売のDIMEの特集は「超保存版大特集!絶対得するスマホ決済」。迫り来るキャッシュレス時代に乗り遅れないためにも読んでおきたい、最新情報を網羅したお得情報てんこ盛りの内容となっています。そのほか、知られざるミリオンヒット商品の秘密、大人気ビジネスリュックの最新作大図鑑、通勤&休日兼用の最新e-Bikeの乗り比べなどなど、春に向けておさえておきたい情報が満載です。じっくり読みたいコンテンツが満載の4月号をぜひお買い求めください!

<ご購入はお近くの書店、もしくはコチラから>
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B07NBDQX1P/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_U_KXKyCb8EYGAN3
楽天 https://books.rakuten.co.jp/rb/15796784/
7net https://7net.omni7.jp/detail/1211240804

ビジネスリュックにさらなるカジュアル化の波

 ブリーフケースのフォルムが年々丸みを帯びているように、ビジネスリュックにさらなるカジュアル化の波が到来。重厚感のあるスクエアタイプが主流だったが、今季は休日も使えるモデルが急増している。トゥミはミリタリー、ポーターはアウトドアと、ビジネスマン御用達ブランドがこぞってビジカジ仕様の商品を発売するなど、選択肢の幅は広がっている。

 満員電車のマナー問題を受けて、マチ幅の薄いスリムなシルエットをベースに、PCスリーブはタブレット端末を一緒に収納できる2層化が進む。外ポケットを充実させたり、USBポートを外出ししたり、背負った状態でも便利に使えるよう、リュックならではの利便性を追求したモデルも増えた。またブリーフと違い、リュックは雨に濡れやすいことから、撥水性を強化したモデルも目立つ。

 今後の進化の焦点と考えられるのは、背中のムレ対策だ。リュックは構造上、背中がムレやすく、汗に濡れると不快だという声は多い。某メーカーでは、今春をめどに背中がムレないビジネスリュックの投入を予定している。背ムレ対策を講じたリュックの開発競争が加速しそうだ。

ミリタリーテイストのスリムなシルエット

トゥミ
『アルファ ブラヴォ デイヴィス バックパック』
4万9000円

表地は高い耐久性を誇るナイロン。約10cm厚の2層構造に、PC&タブレット用2層スリーブやオーガナイザーといった多彩な収納を凝縮。裏地に視認性の高い半光沢生地を使うなど、実用的な仕上がりに。
PC:15インチ
重さ:約1.4kg
SIZE:A4

背面にセットアップスリーブを装備。出張時にも便利に使える。

目指したのは大人っぽい上質な雰囲気

ポーター
『ポーター ビュー デイパック(L)』
3万5000円

ビジカジなどのカジュアルなスタイルに向けて提案する、2層式デイパック。マットな質感のナイロンポリエステルツイル生地を使い、ステッチを控えた製法で、シンプルで洗練された顔立ちに仕立てた。
PC:15インチ
重さ:約0.9kg
SIZE:A4

後層の開口部にスライダーを3つ付属。底部からも主室にアクセス可能。

[今季はこう着こなす]スタイリスト嶺井・旬のトリセツ

カジュアルテイストのリュックを持つ場合は、クラシックな柄を1点投入しましょう。チェックジャケットを羽織るだけで〝脱カジュアル〟が図れます。

ジャケット1万9000円、シャツ3800円、パンツ7800円/ウイ スーツ ユー、スニーカー7800円/アドミラル×ザ・スーツカンパニー(すべてザ・スーツカンパニー03・3562・7637)

取材・文/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。