人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ワインスクール講師が指南するワインと料理のマリアージュを楽しむヒント

2019.02.13

4.甘口赤ワイン

「甘口の赤ワインはあまり売っていないので、発泡ですがランブルスコなどを想定しています。甘しょっぱいものがとても合います」

●市販おつまみ

・タレ系の味付けの料理

「てりやきバーガーや缶詰の焼き鳥などが合います。また、たこ焼きやお好み焼きなどの粉モノで、なるべくドロっとしたソースのものもおすすめです」

●手作りおつまみ

・甘辛い料理

「肉じゃが、すき焼きなど、ワインと共通の甘辛いものが合います」

5.辛口ロゼワイン

「ロゼワインは『白ほど酸っぱくなく、赤ほど渋くない』という、真ん中程度の濃さなので、食材も同じように『魚にしては重いほう』『肉にしては軽いほう』あたりの、真ん中付近のボリュームのものを合わせるとバランスが取りやすいです」

●市販おつまみ

・脂の乗った青魚やカツオのたたきなど

「やや味が濃いめの魚の刺身に、ネギや生姜などの薬味(=和風ハーブ)をたっぷりのせて合わせます。特に南仏の辛口ロゼはハーブやスパイスのニュアンスが出やすいので、香りの上でスパイシーさが共通しますし、ワインと料理の濃さのバランスも、ちょうどいいです」

●手作りおつまみ

・タンドリーチキン

「ヨーグルトとカレー粉と塩胡椒を鶏肉にもみ込んで焼く、簡単タンドリーチキンを。これもワインとお料理のスパイシーさが共通します。鶏胸肉は魚より重いですが肉料理にしては軽いので、ワインと料理の濃さのバランスもちょうど良いです」

・ニース風サラダ

「コンビニやスーパーでサラダを買ってくる、もしくは自分でレタス等をちぎって、トマト、オリーブ、アンチョビ、ツナ、ゆで卵をのせれば『ニース風サラダ』の完成。ニースのあるプロヴァンスは、フランス三大ロゼワインの産地なので、まさに郷土料理と同じ産地のマリアージュになります」

6.甘口ロゼワイン

「『ロゼ・ダンジュ』などを想定しています。ロゼは白ほど酸っぱくなく、赤ほど渋くなく、あまりクセがない上に、さらにやさしい甘さがクッションになってくれるので、ちょっと甘いロゼは何でも合わせられて重宝します」

●市販おつまみ

・苺

「チャーミングな甘口ロゼは苺のニュアンスを持っているので、香りや甘酸っぱさが共通します」

・キムチ

「異質なものの組み合わせですが、甘口ロゼのほんのりとしたスパイシーさとやさしい甘さがクッションになって、キムチが進みます」

●手作りおつまみ

・カレーライス

「ワインをカレーライスに合わせる場合、白ワインだとちょっとカレールーに対してワインが優しすぎて、赤ワインだとちょっと白米に対してワインが濃すぎることがしばしばあります。ロゼなら濃さのバランスがちょうどよくて、なおかつ優しい甘みが辛さを受け止めてくれるので、美味しくいただけます」

週末の金曜日には、好きなワインを買い込んで、これらを参考に自分に合うおつまみを楽しんでみてはいかがだろうか。

【取材協力】

富田葉子さん
老舗で日本最大のワインスクール、アカデミー・デュ・ヴァンの人気講師。得意分野は「ワインとお料理のマリアージュ」と、「短時間で効率よく学習内容を皆様に身につけていただくこと」。好きなワインは、造り手さんの想いが伝わるワイン。
アカデミー・デュ・ヴァン:https://www.adv.gr.jp
とみわいん.com:https://tomiwine.com

取材・文/石原亜香利

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年12月16日 発売

DIME最新号の特別付録は「コンパクト撮影スタジオ」!特集は「ヒット商品総まとめ」&「2021年トレンドキーワード」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。