人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

近畿エリアの「買って住みたい街」ランキング1位は姫路、「借りて住みたい街」1位は?

2019.02.12

閑静な高級住宅地もあれば、活気ある繁華街もある近畿圏。様々な魅力的な街がある中で、「持ち家で住みたい街」と「賃貸で住みたい街」として人気を集めるのは、いったい、どこになるのだろうか?

そこで今回、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」を運営する会社・LIFULL(ライフル)が毎年行っている「近畿圏版LIFULL HOME’S住みたい街ランキング」の2019年版を紹介していきたい。

近畿圏「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング

近畿圏「買って住みたい街」、「姫路」が2年連続1位に。

近畿圏「買って住みたい街」ランキングは、「姫路」が2年連続で1位となった。大阪を中心とする経済圏からは、一定の距離があるものの、近年は姫路を中心とした、神戸市より西側の経済圏が確立されており、主に観光産業によって地域経済が活性化している。

近畿圏中心部よりも比較的リーズナブルな価格で住宅を購入できることも人気の理由だ。

似たような傾向は、13位の「和泉中央」や17位の「西明石」にも見られ、地場産業の安定と比較的安く住宅を購入できることが、ランキング上位に登場する近畿圏郊外駅の共通条件となっている。

「塚口」「住吉」「伊丹」ほか大阪近郊の駅が初登場、近畿圏で都心回帰の兆しも!

また、大阪市中心部で上位にランクインしたのは、今回も「大阪上本町」「北浜」「京橋」など数駅にとどまり、「高槻」をはじめ、初登場の「塚口」「住吉」「伊丹」など大阪中心部にアクセスしやすいベッドタウンとして発展してきた駅が数多く登場する傾向に変化はない。

ただし、「大阪上本町」は昨年の71位、「北浜」も143位から一気に順位を上げており、物件の供給に左右されるものの、近畿圏での都心回帰の兆しをうかがうことができる。

近畿圏「借りて住みたい街」、「三ノ宮」「新大阪」「江坂」の上位に変動なし!

近畿圏「借りて住みたい街」ランキングは、毎回上位にランクインする人気エリアが今回も立地ポテンシャルを発揮する結果となった。

上位のラインナップは、1位の「三ノ宮」から6位の「明石」まで昨年と全く同じ。賃貸物件数が豊富なうえ、神戸や大阪、京都へのアクセスの良さが上位にランクインする必須条件となっていることがわかる。

6位の「明石」は、駅周辺の再開発によって住環境が整備され、また神戸や大阪にもダイレクトにアクセスが可能という条件が評価されているようだ。

また「中津」「塚口」「平野」「吹田」など、昨年までランキング上位に登場していなかった駅が、今回はトップ20入りを果たしている。

いずれも大阪市中心部へのアクセスが良好な駅ばかりで、賃貸物件が増えていく中でも家賃相場に大きな変化がなかった駅という共通点がある。

持ち家で住みたい街第1位は「姫路」、一方、賃貸で住みたい街第1位は「三ノ宮」という結果になった今回のアンケート。近畿圏で暮らしてみたいという方はぜひ参考にすると良いだろう。

<調査概要>
○データでみた住みたい街ランキング
対象期間:2018年1月1日 ~ 2018年12月31日
対象者: LIFULL HOME'S ユーザー 近畿圏は大阪府、兵庫県、京都府を対象とした
集計方法: LIFULL HOME'S に掲載された賃貸物件・購入物件のうち、問合せの多かった駅名をそれぞれ集計
分析: LIFULL HOME'S 総研

出典元:株式会社LIFULL

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。