小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「スマホはまだ売れている」「通信料は下げない」ソフトバンクが上場後初の決算発表

2019.02.11

完全分離プラン導入で端末の買い方はどうなる?

 端末については、総務省が提言している通り「完全分離という方向で動くと思う」との見方を示しました。ソフトバンクとしては「いい端末を開発するなり、見つけてくるなりの方法になる」と語っています。完全分離化に伴って、端末に関するショップのサポートが有料になる可能性も示しました。

 ただ、“4年縛り”として総務省の有識者会議でやり玉に挙げられた48回の割賦販売は「継続した方がいい」という考えです。「4年縛りを作ったつもりはなく、割賦にして買いやすくしたつもり。今後、完全分離になっても買いやすくするという意味で、4年割賦はやっていくべきだと思う」(宮内氏)と語りました。

 割賦販売がなくなると、ユーザーは購入時に一括で支払うか、クレジットの分割払いを利用しなくてはならなくなります。宮内氏も「高い端末がまったく売れなくなる懸念がある」と心配していました。“縛り”にならず、ユーザーが買いやすい販売方法を生み出してもらいたいものです。

2019年度に5Gのプレサービスが開始!

 気になる5Gサービス開始のスケジュールですが、ソフトバンクは2019年度にプレサービスを開始。5Gに対応した端末が揃うのは2020年からとしています。「ヤフオクドームで夏頃に5Gを体験できる」と述べていたので、野球観戦しながら5Gを体感できそうです。

ソフトバンクの5Gスケジュール。

 導入しているサービスで、PayPayは期待感を込めて紹介されました。「今は赤字」ですが、「スマホの価値を上げるために大きな貢献をするもの」という認識です。数年後には黒字転換する計画で、「今はQR決済としか認識されていないが、今後はいろいろなサービスがたくさん生まれる。手の内は明かせないが、大きな貢献をする事業」(宮内氏)と語っていて、ユーザーとしても今後が楽しみなサービスです。

キャンペーン第2弾も発表されたPayPay。コード決済サービスの中で高い認知度を誇っている。

通信障害、ファーウェイの通信設備については?

 決算発表会後の質疑応答では、ネガティブな話題についての質問も出ました。昨年12月に発生した通信障害についてたずねられた宮内氏は、「エリクソンさんといろいろな話をしているが完全ノーコメント」と語り、障害の具体的な原因や賠償などについては一切語りませんでした。しかし「悪いのはエリクソン」と言い切っています。

 また、ソフトバンクは、米中貿易戦争の影響で基地局市場から閉め出されそうなファーウェイの設備を、一部採用しています。ソフトバンクの宮川潤一CTOは、「4Gの設備でファーウェイのハードウェアを少し使っている。それらをすべて入れ替える判断はしていない。5Gで使おうとしていたものに対しては見直し、10数億円で入れ替える意志決定をしている」と説明しました。

通信事業の情報が満載だった決算会見

 通信のソフトバンクとしての決算発表だったので、通信事業について多くの情報が示され、興味深い決算会見となりました。また、利用シーンを広めるサービスを導入することで、スマホの普及を一層進めていくという戦略も示されました。スマホ市場は行き詰まっているという見方も最近ではみられますが、ソフトバンクはスマホ事業の成長に自信を持っていることがうかがえる決算会見でした。

取材・文/房野麻子

興味のあるジャンルを登録して@DIMEをもっと便利に!話題のコーヒーメーカー「BALMUDA The Brew」やAmazonギフト券が当たるキャンペーン実施中

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年11月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「自撮り棒一体型スマホ三脚」! 特集は「今聴くべき、ラジオと音声コンテンツ」、「家電進化論2022」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。