人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.11

仕事中の休憩時間のためだけに開発された特別なコーヒー「drop a line」

2019年1月26日株式会社CAMPFIREオフィス内のイベントスペースで、クラウドファンディングで支援を募っている製品の体験会「クラファンエキスポ’19 β版」が開催された。

その中で筆者の目にとまったものの一つが、「drop a line」というティーバック式のコーヒー。「仕事の休憩のためだけのコーヒー」というコピーに惹かれ、実際にコーヒーを試飲させてもらった。

本記事では、「drop a line」は他のコーヒーと何が違うのか、その特徴を紹介する。

シーンコーヒーという考え方

コーヒー好きな方にとって、いつでもどこでも美味しいコーヒーが飲めることは非常に価値がある。「会社でも本格的なコーヒーを味わいたい」と思う方も少なくないはずだ。

しかし、実際には「本格的なコーヒーを淹れるのは面倒」「他の人に迷惑がかかりそう」などの理由から、缶コーヒーで済ませてしまったり、コンビニでコーヒーを買ったりと諦めている方もいるだろう。

「drop a line」は、そのような方のために開発された本格的な味わいのコーヒー。「その後の仕事がより捗るように」との思いも込められている。

生みの親である戸塚佑太氏(CIAL Inc. CEO/CFO)は、高円寺のアートホテル「BnA Hotel」で「Colored Life Coffee」というコーヒースタンドを営業していた。2018年2月に閉店したのち、コーヒーブランド「METERIA」を立ち上げる。

「目覚めの一杯」「休憩中のコーヒーブレイク」など、コーヒーを飲むシーンはさまざま。METERIAは、それぞれのシーンに最適なコーヒーを提供していくことをコンセプトとしている。その商品第一弾となるのが、「仕事の休憩」というシーンに着目した「drop a line」だった。

「drop a line」の特徴

ティーバッグ式

コーヒーには、粉末・ドリップ式・機械式などさまざまな淹れ方がある。仕事中には「とにかく簡単に」が一つのポイントだ。そこで「drop a line」は、ティーバック式を採用した。

給湯室などでお湯を注ぎ、数分待つ。それだけで、本格的なコーヒーを味わうことができる。

テーバッグの包装紙は耐水性になっており、抽出後はその上にティーバックを置いておくことができるため、わざわざ捨てに行く手間も省ける。

3種のハーブを使用

「drop a line」には、記憶力や集中力を高めるハーブが使用されている点も面白い。使用されているハーブは、「ゴツコラ(つぼ草)」「イチョウ」「紅花」の3種類。これらのハーブは、リラックス効果・ストレス軽減・血行促進などにも効果が期待されている。

使用しているハーブは、無農薬・減農薬のもの。毎日飲むものだからこそ、そうしたこだわりも嬉しいポイントだ。

コーヒーなのにサブスクリプション(定額制)

「drop a line」は、サブスクリプション方式(定額制)を採用している。初月は1,980円、その後は月額3,800円(税別)で、毎月10杯分のコーヒーを楽しむことができる。

1杯あたり380円と決して安くはないが、毎月定期的に美味しいコーヒーを届けてくれるのはありがたい。仕事中のここぞという時に「drop a line」を大切に味わってみてはどうだろうか。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。