人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.12

コミュニケーションが苦手で内向的だった私が起業した理由

内向型コンサルタントの堤ゆかりさん。ネットショップ運営と物販コンサルティングをしながら、内向的な人の相談を受けている。コミュニケーションが苦手で、内向的だった彼女がなぜ起業の道を選んだのか。

給料はそこそこでもいいから責任の少ない仕事がいい

元々は保険会社の営業事務の仕事をしていました。前職がハードだったので、「給料はそこそこでいいから、定時に帰れて責任の少ない仕事がいい」と思っていたんですが、やっぱり物足りなくなってしまいました。いくら頑張っても評価に繋がらない。「わたしはこんなもんじゃない!!」そう思いながら働いていました。

結婚をきっかけに、子育てしながら仕事をしている自分を想像してみたんですが、全くワクワクしなかったんです。福利厚生はしっかりしていましたが、子育てしながら働いている先輩方は楽しそうじゃない。忙しそうだし、キャリアアップも望めなそう。「30代もこの道を行くのか。このままの人生で本当にいいのかな」と、もやもやするようになり、目標ややりがいを探すようになりました。

頑張りが100%自分に返ってくる嬉しさ

習い事や資格の勉強など、趣味を見つけるため、新しいことにチャレンジしてみましたが、結局これというものは見つかりませんでした。家でゴロゴロしてばかりのわたしを見かねて、「女性にも経済的、精神的に自立してほしい。」と、主人が副業を勧めてくれました。主人も副業で物販をしていたので、「コツコツ作業するのは苦にならないし、とりあえずやってみようかな。」と、軽い気持ちで始めました。

会社では、完璧にやっても褒められないし、給料も簡単に上がらない。だけど、物販は頑張りが100%自分に返ってきます。自分の頑張りが評価されるのは嬉しかった。「会社を辞めて物販をしていきたい。」と主人に相談すると、「今の給料と同じくらい稼げたらね。」というノルマが課されました。

それからますます力を入れるようになって、半年ほどで、副業だった物販の収入がOLの給料を超えるようになりました。「責任の少ない仕事がいい」なんて言っていた普通のOLが起業家となりました。

「できっこない」周囲からの反対

物販は基本的に個人作業なので、人と関わりたくなり、物販を始めたい人向けに講師の仕事を始めてみようと思いつきました。早速、物販をやっている仲間に相談すると、みんな「早い」「できっこない」「怪しい」と、口々に反対しました。正直応援してもらえると思ったので、ショックでした。前向きな気持ちがポキっと折れて、「私って何もできない。会社辞めるのが早かったんじゃないか。」と、1ヶ月何もできませんでした。思い返すとこの頃が一番辛かったかもしれません。

だけど諦めたくなかったので、どうにか気持ちを奮い立たせて、講師業を始めました。そんな私を見て、かつては猛反対していた人たちが「楽しそうだね!」「わたしもやってみようかな!」と、態度を変えだした時に、人の意見は本当に簡単に変わるということを知りました。「他人に振り回されて、自分の気持ちを抑えるなんてもったいない。他人からの許可を待つのではなく、自分で自分の生き方を選ぼう!」そう思うようになりました。それに気づける経験ができてよかったって今は思えます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。