人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.23

株価2倍、3倍も当たりまえ!?小型成長株で狙う株投資の勝ちワザ

【小型成長株】株式投資で儲けて話題となった人は大勢いるが、何年にもわたって利益を上げ続ける人は少ない。偶然や幸運が重なって、一時的に儲かるケースが多いからだ。一攫千金とはいかないまでも、毎月着実に稼ぐ方法はないのだろうか?そこで、会社員として働く傍ら、少ない資金で投資を始め、長期にわたり結果を出した真の実力者4人に取材。投資経験がゼロでも真似ができる、再現性の高い投資法を伝授してもらった。

会社員だからこそ勝てる!『小型成長株』

株式市場ではベテランの個人投資家やプロの機関投資家に交じって投資をすることになる。そこで経験の浅い初心者でも勝てて、会社員なら有利に戦えるのが小型成長株投資だ。

[こんな人にオススメ!]

□ 経済にも強くなってゆくゆくは本格的に株式投資をしようと思っている
□ 詳しい専門分野やこだわりの趣味がある

規模が小さい会社こそひとつのヒットで大化けする

 株の分類方法に「大型・中型・小型」がある。

「株価×発行済み株式数」で算出される「時価総額」で分類され、東京証券取引所(以下、東証)は、時価総額2000億円以上を大型株、1000~2000億円未満を中型株、1000億円未満を小型株としている。時価総額は会社の規模を表わしていると考えていい。

 投資対象としての小型株の魅力はパフォーマンスの良さだ。左のグラフは東証が発表している各指数を比較したものだが、過去3年間では、ほぼ一貫して小型株は大型株、中型株を上回っている。

 なぜこのように小型株の上昇率が高いのかというと、会社の規模が小さいため、利益の変化率が高くなるからだ。

 例えば、国内最大の時価総額22兆円を持つトヨタ自動車の2018年度の経常利益は2兆4000億円。ひとつのモデルが大ヒットして100億円の利益をもたらしても、全体の増益率は0.4%にすぎない。

 それに対して、『いきなり!ステーキ』が大ヒットした小型株のペッパーフードシステムは、2017年度に経常利益が約14億円増えただけで、増益率は約240%となった。その結果、株価は一時10倍以上になったのである。

 このように、小型株はひとつのヒットで業績が様変わりし、株価は2倍、3倍当たり前、という上昇につながりやすいのである。

 しかし、そんな成長性の高いヒットを生み出す銘柄を、投資の初心者が見つけることができるのだろうか……それができるのである。

 シングルマザーで投資経験ゼロだったにもかかわらず、今では株式投資セミナーの人気講師となった藤川里絵さんは、「会社員としての専門知識は、企業の成長力を判断する時に、すごく有利に働きます」と話す。

 早速、次のページでノウハウについて紹介してもらおう。

小型株のパフォーマンスは抜群!

小型株のパフォーマンスは抜群!過去3年間は小型株の上昇率が大型株、中型株を上回った。グラフ上の各指数は、東証が時価総額に加えて流動性を考慮して分類したもの。

小型成長株投資のメリット&デメリット

[メリット]
・ヒット商品で企業収益が一変する
・プロのアナリストがチェックしていない
・身近な企業が多く業務内容がわかりやすい

[デメリット]
・株価の変動が比較的激しい
・中・大型株に比べて流動性が低い

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。