人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

早起きして世界遺産を楽しむ!春の京都は朝がオススメ

2019.02.06

前編はこちら

「そうだ 京都、行こう。」とばかりに、京都入りして2日目。実際にはJR東海の「春はあけぼの 京都の世界遺産いちばん乗りツアー」のプレスツアーなのだが、この2日目は春はあけぼの、つまり〝春は朝がいい〟を実際に体験することになっている。ということで、朝6時に起床、6時半に出発して、最初の目的地へと向かうことにする。さて、春とはいえ、それは旧暦の話し。1月の京都はなかなかの寒さだが、早起き派の筆者は、このピリッとした冬の空気が結構好きなのだ。

東寺

東寺南大門近くから東側を眺めると、お堀が水鏡となって五重塔が水面に映る。

修学旅行でも必ず訪れる、屈指の名刹である東寺が最初の目的地。ここで日の出を鑑賞しようという狙いなのだが、相手はお天道さまだけに、運もあるだろう。幸いにも、取材に訪れた当日は薄曇りではあったが、朝焼けに染まる空と五重塔を鑑賞スポットから望むことができた。ちなみに鑑賞スポットってどこなのよ、という方もいるだろうが、東寺の南大門側には大きなお堀があり、その辺りならば水辺に写る五重塔と朝焼けを合わせて鑑賞できる。また、境内にある瓢箪池あたりも京都らしい風情あるシーンを望むことが可能だ。

京都観光では必ず訪れれるであろう東寺。南側の南大門からは金堂が見える。

ちなみに、東寺は真言宗の総本山であり、世界遺産にも登録されている。五重塔は本堂である金堂とならぶ見どころのひとつで、高さ約55メートルの日本一高い木造塔だ。創建は9世紀だが、その後数回の火災にあっており、現在の塔は1644年に再建された5代目とのこと。高層建築を見慣れてはいても、その凛とした佇まいはやはり別格だ。

東寺のなかで最も古く建てられた金堂。火災で焼失したが、源氏の金堂は1603年に再建された。薬師如来ほか、数多くの寺宝が納められている。

春はあけぼの 「京都の世界遺産いちばん乗りツアー」では東寺の早朝特別拝観コースも設定。通常の拝観より早くから撮影スポットに入り、朝焼けを見ることができる。

京都市南区九条町1
http://www.toji.or.jp/

瓢亭

瓢亭は450年の歴史を有する老舗。本館と別館があるが別館では1年を通して朝がゆを頂くことができる。

早朝から活動していると、いうまでもなくお腹が減ってくる。冬の京都は寒さが厳しく、暖かいモノが食べたい…、ということで朝食にオススメしたいのが南禅寺にある京料理の老舗「瓢亭」の別館だ。

ここは朝8時から営業しており、朝がゆ(3月15日まではうずらがゆ)を頂くことができる。お粥なら冷えた体もしっかり温まる一方、男性には物足りないのではと思うかもしれないが、そんな心配はご無用。ひょうたん型の三段重には和え物や炊き合わせが盛られ、鯛の求肥巻きや名物のゆで卵などからなるお皿、白みその味噌汁もつき、食べ応えも十分。お値段は4500円と少々値が張るが、京都らしさをじっくり味わえるし、満足感は高いと思う。

3月15日までの朝がゆはうずらがゆ。本館、別館でメニュー、営業時間が異なる。

京都市左京区南禅寺草川町35
http://hyotei.co.jp/

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。