人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

春節の海外旅行者は約700万人!中国人の旅の目的は爆買いから「コト消費」へ

2019.02.05

『春節』とは何かご存じだろうか?

『春節』は、中国の三大節句(『春節』・端午節・中秋節)の一つで、旧暦の元旦(旧正月)のこと。

旧暦のため、『春節』の期日は年によって変わるが、毎年概ね1月半ば~2月半ばの期間となる。

2019年の『春節』は2月5日で、休暇期間は2月4日~10日の7日間。中国では新暦の正月よりも『春節』を盛大に祝う習慣があり、多くの人が帰省や旅行をするなど、国内外の消費に与える影響も大きくなっている。

【ポイント1】『春節』の旅行者数は約4億人。「質の高い旅行」を求める傾向が強まる

オンライン旅行会社の大手である携程旅行網(シートリップ)によると、2019年の『春節』休暇期間中の旅行者数は約4億人に達すると予想されている。

高速鉄道など国内の交通網が発達したことなどが背景にあるようだ。

また、国内の旅行需要は着実に増加している。

国務院新聞弁公室によれば、今年の春運(『春節』期間の帰省等に伴う特別輸送体制)は1月21日から3月1日までの40日間で、その間の鉄道や飛行機等各種輸送手段による旅客輸送量は延べ29億9,000万人(前年同期比+0.6%)になる見通しとのこと。

質の高い旅行を求める傾向が強まる中、旅行関連機関は、輸送力とマナーの向上を進め、信用レベルの高い運行に努める、と報道されている。

【ポイント2】海外旅行者数は700万人。日本は引き続き人気旅行先の第2位

一方、 『春節』休暇期間中の海外旅行者数は前年比50万人増の700万人となる見込み。予約ベースのツアー代金は1人当たり1万元(約16万円)と前年比で5%増となっている。

なお、人気の旅行先上位10カ国中、日本は前年に続き2位という結果に。最近の観光は買い物を中心とした「モノ消費」から、旅先での経験や文化をじっくり味わう「コト消費」重視の傾向が強まっている。

こうした中、中国でも日本の人気が高まっている模様だ。

【今後の展開】中華圏や東南アジアからの訪日によるインバウンド消費に期待

『春節』休暇は、中国のほか台湾や香港など、中華圏の大型連休だ。他に東南アジアでも『春節』連休がある。

今年の『春節』も、中華圏や東南アジアから多くの外国人が訪日することが見込まれ、日本のインバウンド消費を支えると期待されている。

出典元:三井住友アセットマネジメント株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。