人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

家に眠ったままの小銭の総額は、平均で1万円を超えることが判明!

2019.02.06

いつもいつの間にか財布に貯まっている小銭。コンビニやスーパーなどで細々したものを買う時に使うか、あるいは、一定額、自宅で貯金しているという人もいることだろう。

今回、そんな小銭についてのアンケート調査が全国の20~50代の男女計600名を対象に行われた。

約6割の人が「小銭を貯め込んだ経験」がある

国内の貨幣・硬貨流通高はおよそ4.7兆円と、先進国の中でも有数の「現金大国」と称される日本だが、今回の調査により、約6割(58.8%)の人が「家に『小銭』を貯めた/溜めてしまった経験がある」ということが明らかになった。

男女で異なる、小銭を貯めこむ理由

小銭を家に貯め込む理由の第1位は、「貯蓄のため(45.9%)」という結果に。

しかし男女別で結果の比較が行われると、「貯蓄のため」と回答した割合は、男性(35.8%)よりも女性(56.3%)の方が多く、一方「小銭が使いづらいため」と回答した割合は、女性(10.9%)よりも男性(31.8%)の方が多い結果となった。このことから、男女間で小銭を貯める理由に違いがあるということが分かる。

貯め込む小銭で人気なのは100円玉? 500円玉?

「小銭を貯め込んだ経験がある」と回答した人たちに対し、「貯める小銭の種類は何か?」という質問が行われたところ、500円玉がトップ(55%)となり、1円玉(44.8%)が次に多いという結果に。

また、男性では1円玉(55.9%)を貯める人が最も多かったのに対し、女性では500円(67.2%)を貯める人が最も多かったことから、小銭を貯めこむ理由に紐づき、男女間で貯め込みやすい小銭の種類も異なることが分かった。

家に眠っている小銭額は……

家の貯金箱に眠ったままの小銭や、余っている小銭のおよその合計金額を聞いた調査において、平均金額は13,455円にまで上ることが明らかに。

さらに年代別でみると、60~70代の人は、20~30代の人のおよそ3倍もの金額の小銭を家に保有しており、男女別でみると、男性は女性の約1.6倍多くの額を貯め込んでいるという実態が判明した。

1円玉、5円玉、10円玉ってどうしてる?

「細かい小銭(1円玉、5円玉、10円玉)を貰った時、 どのような行動を取るか」という質問が行われたところ、5人に1人 (20.5%) が、「貯金箱に入れる」、「ポケットに入れる」、「デスクの中や棚等、身近な場所に置く」など、財布以外の場所で保管する傾向にあることが分かった。

約4人に1人が「小銭を銀行で紙幣に変えた経験」がある

「銀行窓口で小銭を紙幣へ逆両替した経験があるか」という質問に対し、回答者の約4人に1人(24.8%)が「したことがある」と回答している。(※小銭の枚数に応じて手数料が発生)

一方、欧米諸国のスーパーでは、小銭を紙幣に変換できる「コインスター」というマシンが一般的に設置されている。2018年7月、日本にもコインスターが先行導入され、スーパーの営業時間内であればいつでも、一律9.9%の手数料で利用可能となった。

このコインスターがもし身近にあった場合、使用してみたいかという質問をしたところ、「とても思う」と回答した人は15.2%、「やや思う」と回答した人は25%となり、約4割の人に使用意欲があるということが分かった。

今後もし「コインスター」が、銀行のATMのように身近に設置されるようなことになれば、「あと、もう○○円貯めたらコインスターで紙幣に交換してもらおう…」というような感じで、小銭貯金の目標設定のツールとして活用されたりするかも知れない。

出典元:Coinstar Asset Holdings, LLC

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。