人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.13

イマドキの住宅事情にフィットするコンパクトな雛人形4選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

 3月3日は桃の節句である。歴史のある家系ともなると、立派なひな人形を受け継いでいる人も中にはいるかもしれない。5段と言わず中には7段、それ以上のものもあるようで、さすがにその姿は壮観という他ない。ただ、段数の多いひな人形はそれだけスペースを必要とするので、現代の住宅事情を考えると残念ながら設置をあきらめるケースというのもありそうだ。

 さて、今回紹介するのはそんな現代の住宅事情に合致したコンパクトなひな人形たちだ。スペースの関係で大掛かりなひな人形は飾ることはできないが、それでもやはりお祝いをしたいと思う人たちは、こうした人形を選ぶのも一つの手だ。

マルっとした姿が可愛らしい鳥のひな人形『おひなドリ 4』

 一見すると「…鏡もち?」と思ってしまうフォルムをしているが、こちらはれっきとしたひな人形。台座まで含めて全体が天然の木材で製作されており、鳥の部分はミズキ、おひな様の冠とくちばし部分はケヤキ、お内裏様の冠と台座部分にはウォルナットが使われている。ひな人形というと確かにすました表情をしているものもあるが、このひな人形の場合は鳥の顔をしているので何とも言えないシュールさを感じるが、それと同時にひな人形としての可愛らしさというのもちゃんと感じる不思議な魅力をもった人形になっている。価格は税込4,968円でハンドメイド作品のマーケットプレイス「Creema」で販売されている。

世界一薄い(?)ワイヤー製のひな人形『桃の節句 おひなさま』

 こちらのひな人形はもしかすると世界一薄いひな人形かもしれない。というのもこちらのひな人形は全体がアルミ絵具で着色されたワイヤーを使って製作されており、ほぼ平面のひな人形だからである。非常にシンプルなひな人形なので、お内裏様もおひな様も表情が描かれていないくらいだが、それでもよく見ると作るべき部分はきちんと作られていることが判る。お内裏様は冠をかぶり笏(しゃく)を持っているのが判るし、おひな様も冠をかぶり檜扇(ひおうぎ)を持っていることが判る。余談だが、彼らが持っている笏や檜扇、実は儀式の出席者や段取りが関われているカンニングペーパーのような役割を持つものだったと言われている。薄くて場所を取らないだけでなく、重量も軽いので壁に掛けることも可能で、自宅に限らずオフィスの自分のデスク等、飾る場所の選択肢が増えそうである。価格は税込3,300円。こちらもハンドメイド作品のマーケットプレイス「Creema」から購入することが可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。