人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.03

豆まきって何でするの?と子供に聞かれた時の正しい答え方

2月3日の節分。毎年、子がいる家庭では、豆まきを行っているかもしれない。また恵方巻をかぶりついているという家庭もあるかもしれない。そんな何気ない節分の一コマも、子に大事なことを教えるチャンス。そこで今回は、節分の豆まきや恵方巻のかぶりつきを通じて、子どもに教えられることを、小学校受験専門の幼児塾「スイング幼児教室」の教師に聞いた。

節分のいわれと慣習

節分といえば、子がいる家庭では、豆まきをしようとなることが多いだろう。子に豆まきをするのを提案する際に、ぜひ正しい意味を知っておこう。スイング幼児教室の矢野文彦さんは次のように教える。

「国の境界がボーダーレスになり、グローバルと言われる時代だからこそ、自国の文化を理解し誇りを持って、子どもに伝えることができることは大事です。季節行事は、日本の自然風土、四季の特色を生かした暮らし方、生活の知恵、生活習慣など様々なものが長い年月にわたって蓄積されてできた『日本の文化』でもあります。季節行事は暮らしの中から生まれた生活文化であり、実は地域によって方法などに少しずつ違いがあります。

節分に豆まきをする本来の理由は、新しい季節が来る前に、季節の変わり目に入りやすいと考えられていた“邪気”を払って幸福を呼びこむために、『追儺(ついな)』と呼ばれる宮中行事が行われるようになったことが背景となっています。追儺は『鬼払い』『厄払い』と呼ばれ、その行事の一つの名残りとして節分の日に豆まきをする習慣が残ったのです」

●節分の豆まきのやり方

「焼いた鰯(いわし)の頭を柊(ひいらぎ)の枝に刺し、玄関先に立てます。鰯の臭いと柊の痛いトゲが、鬼が苦手といわれているためです。
そして豆まきをして、まいた豆を年の数(または年の数+1)をいただきます。豆をまくのは家長とされていますが、最近はお父さんが鬼の役になることも多いようです。鬼の役に誰もならない場合は、見えない鬼を想定してやることになるようです」

子に「豆まきってなんでするの?」と聞かれたらどうする?

ところで、ふいに、子から「豆まきって何のためにするの?」と聞かれたときに、親としては言葉に詰まるかもしれない。子には次のように話すのがおすすめだという。

『昔は、2月3日は1年の最後の年だったんだ。新しい季節がくるときに、嫌なことや悪い鬼を追い払って、幸せな生活を送れるようにという願いをこめて豆まきをするようになったんだよ。』

『豆をまくと心の中の泣き虫鬼や、恥かしがりや鬼が逃げていくんだよ。○○ちゃん/くんは、自分の心の中のどんな鬼を追い出したい?』

『ではその鬼を追い払うために「鬼は外、福は内」と大きな声で言いながら豆を投げよう。』

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。