人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

頭皮に優しい白髪染めの選び方と美しいグレイヘアを作るコツ

2019.02.01

近年、注目を集めつつある「グレイヘア」。ナチュラルで美しい年の重ね方を目指して、自然体なこのヘアに挑戦したいと考える人は多いだろう。

とは言え、白髪がある程度増えるまでの「過度期」白髪が目立つとまでは言わないが、よく見れば数本混じっているような時期においては、やはり髪染め需要があることは事実だ。

エイジングケア化粧品を扱うアンファーが、ウィメンズヘルスクリニック東京院長浜中氏の協力のもと、頭皮に優しい白髪染めの選び方や美しいグレイヘアを作るコツについて発表した。

グレイヘアの美しさのカギとなるのは「髪質」!

アンファー・浜中氏によれば、グレイヘアが美しく見えるかどうかの決め手は髪質とボリュームだという。加齢変化に伴い、髪のツヤとボリュームは失われがち。しかし、十分なボリュームと健康的なツヤさえあれば、グレイヘアが年相応の美しさと品を演出する立派なオシャレへと変わる。

そのため、まず一番に気をつけたいのは頭皮の状態だ。頭皮はいわば、髪を健康に保つ上での”土壌”。土壌が荒れれば、当然、生える髪からもツヤやボリュームが失われる。

また若いうちから白髪が増える原因の一つとして、頭皮ダメージが挙げられるということも覚えておきたい。年齢相応のヘア状態を意識した時、頭皮ダメージを抑えることが重要になるのだ。

「染めたい!」と思ったら、目的に合わせた白髪染め選びを

とは言え、ある程度年齢を重ねていくと、ちらほらと白髪が増え始める時期がやってくるだろう。そんな時期、多くの人が手に取るのが「白髪染め」である。

現在、様々な種類が登場している白髪染め。大まかにだが、白髪染めは「2剤式ヘアカラー」のように脱色剤を含むもの、「ヘアマニキュア」「ヘアカラートリートメント」「白髪隠し・白髪ぼかし」のように脱色剤を含まないものとで分けられる。

脱色剤を含むものは仕上がりが美しい一方、頭皮へのダメージが大きい。また逆に、含まないものは染毛力こそ劣るものの、頭皮へのダメージは軽減される。

つまり、加齢によりさらに白髪が増えた時、グレイヘアにする時のことを考えるなら、選ぶべきは脱色剤フリーの白髪染め。また、美髪成分が入っているもの・染毛成分が天然由来のものなどは刺激が少なくオススメだ。

美しいグレイヘアを作れるかどうかは、どれだけ早めに頭皮と髪をいたわり、ケアできたかにもかかっている。

上品な老後を目指し、今使っている白髪染めの見直しをしてみるのもいいかもしれない。

関連情報/https://www.angfa-store.jp

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。