人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

転職を考えるきっかけ、若年層ほど「給与面」を重視する傾向

2019.02.01

企業の採用ニーズが高まる時期は、年間を通じてみると3~4月、9~10月と言われている。企業にとってこの時期は、年度の切り替えに伴う退職者の後任補充や新規事業の開始があり、新卒の入社前に中途採用を完了させたいというニーズが高まるためだ。

ということで、転職希望者からすると、1月~2月に何らかのアクションを起こすことが求められるわけであり、今、まさに水面下で転職活動を行っているという人もいることだろう。

そこで今回、全国の20~60代男女1,375名を対象にした「転職に関する意識調査」の結果を紹介していこう。

転職のきっかけ、最多は「給料面」(37.5%)

全世代で転職を経験したことのある方は6割近くおり、転職を経験したことのある方の割合は年々増加傾向にある。

その背景としては、「終身雇用制度」の崩壊、転職経験の少ない世代の引退と、景気の緩やかな回復による求人数の増加、働き方改革により自分らしく働ける環境を求めることの促進などが挙げられる。

【図1】

転職のきっかけについて調査が行われたところ、「給料面」(37.1%)が最も多く、次いで「人間関係の悪化」(18.0%)、「新しいことにチャレンジする機会を求めて」(15.9%)と、続いた。

年代別の理由として20代~30代で最も多い理由は「給料面で」(37.5%)、40代~50代で最も多い理由は「給料面で」(35.6%)、60代以上では「給料面で」(24.8%)という結果に。
世代別で若干の割合の違いはあったものの、全世代で給料面をきっかけに転職をする割合が最も多いことが判明した。

【図2】

転職する際の情報収集手段、半数以上が「インターネットの求人媒体」と回答

転職時における情報収集の手段では「インターネットの求人媒体」が半数を超える64.5%という結果となり、以降、「職安」(29.6%)、「知り合いからの紹介」(25.2%)と、続く。

【図3】

調査の結果、希望する業界で最も多かったものは「サービス」となり、以降「IT・メディア」、「電機・精密」と続く。また、「希望の業界、職種、職場に決まっても、今後も転職をすると思いますか?」という質問に対しては「わからない」という回答が6割を超える結果になった。

【図4】

終身雇用の崩壊、働き方改革、外国人による労働者の確保など、労働における社会情勢は目まぐるしく変わり働き方もそれに合わせて様々な変化が必要とされてきた。転職や働き方における世代間の意識の違いは、そういった時代背景の差異が関係していると考えられ、世代によって多少の差があるのは当然といえるのではないだろうか。

<調査概要>
■調査日  :2019年1月9日(水)~2019年1月15日(火)
■調査方法 :インターネット調査
■調査人数 :1,375名
■調査対象 :全国20~60代男女
■調査主体 :ゼネラルリサーチ

出典元:ゼネラルリサーチ株式会社

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。