人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.07

スマホアプリで操作してパイロット気分でFPSバトルが楽しめるロボット「GEIO」

ロボット同士がFPSのように戦える新製品

あたかも現実世界でFPSをプレイするように、ロボットを戦わせるというコンセプトの製品が日本に上陸し、話題を呼んでいる。その名は「GEIO(ジオ)」という。

2018年12月下旬より国内で販売されている「GEIO」の外観は、脚が4本あり、腕の代わりにガトリングガンを装備した、甲殻類を思わせるロボット。各脚にはオムニホイールが装着されて全方向に移動でき、ガトリングガンにはレーザー発射装置が備わっている。胴体下部にバッテリーが外付けされ、USBケーブルでフルに充電すれば約40分駆動できる。全幅・全高は各20cm弱で、意外とコンパクト。自重は約900gで、片手で持ち運べる。

ブルーとレッドの2色展開の「GEIO」

「GEIO」のもっともベーシックな遊び方は、2人対戦。2台の「GEIO」を用意し、各人が1台の「GEIO」を操作して、敵「GEIO」を撃って倒す。撃つといっても、BB弾のような実弾が発射されるのではなく、レーザー光線を敵「GEIO」に当てて、各部に付いているセンサーがキャッチすると、ヒットポイントが減るという仕組み。

「GEIO」の操作には、スマホまたはタブレットを使う。無料専用アプリをダウンロードすると、端末と「GEIO」がWi-Fiで接続できるようになる。「GEIO」の頭部には小型ビデオカメラがあり、端末の画面には「GEIO」視点での映像が映る。映像を見ながら、画面をタップ・スワイプしつつ、移動・射撃を行って敵「GEIO」と戦うという趣向だ。

スマホのコントロール画面

メーカーが製作した「GEIO」のプレイ動画

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。