人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

来店客が投票でNo.1を決定!シェフのためのコワーキングスペース「re:Dine GINZA」がオープン

2019.02.07

シェフのためのコワーキングスペースが銀座に誕生

高級飲食店の激戦区銀座に、2019年1月17日にオープンしたレストラン「re:Dine GINZA(リダイン ギンザ)」。

店名の由来は、「Dine(外食)をre:(再定義)する」からきており、日本で初となるコンセプトを取り入れた店として話題を呼んでいる。

そのコンセプトとは、店が「シェフのためのコワーキングスペース」という役割を担っている点。「コワーキングスペース」といえば、どうしてもデスクワーカー向けのイメージがあるが、「re:Dine GINZA」でコワーキングするのは、料理を作る総勢5名のシェフ。

「re:Dine GINZA」で忙しく立ち働くシェフたち

店の運営会社により、数十名の応募者から選考されたシェフの実力は、既に折り紙つき。彼らは、「re:Dine GINZA」でさらに切磋琢磨して、独立開業を目指す、というのが基本的なシステムとなる。

通常、シェフが自分の店を持つためには、大都市圏で1千万円前後の開業資金が必要。資金面の不安から、その夢を断念する人は多いという。

「re:Dine GINZA」とは、そんな腕に覚えがあっても開業に踏み切れないでいる人を支援する場である、と運営会社のfavyは説明する。

シェフは、favy社に初期費用と毎月の利用料を払う必要があるが、設備・ホールスタッフ込みで店を使え、収益も折半に近いかたちで受け取れるので、技量を高めつつ独立への準備ができるメリットがある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。