人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.31

30代の年収が高い会社ランキング

6位:キヤノン(平均年収650万円)

「30歳、600万円。35歳、700万円~850万円。40歳、800万円~1100万円。基本的に年功序列制度をひいてるが、少し成果主義を混じっている。昇進試験は論文試験と面談がある。また、会社の雰囲気としては優しい人が多く精神的ストレスは小さい。とても働きやすいと思う。また、会社の将来性としては、光学技術力が高いので今後も安泰だと思う」
(研究開発/30代前半男性/年収620万円/2017年度)

8位:富士通(平均年収649万円)

「頑張った分だけの評価のギャップがそれほど大きくはないので、それほど給料に大きな変化があらわれるわけではない。一方で、減額になることもほぼないので、大きなリスクもない。業界水準よりは若干高いもよう」
(マーケティング/30代後半男性/年収800万円/2016年度)

9位:リコー(平均年収640万円)

「報酬は多いです。月の給与も上場企業平均よりもかなり多いのではないでしょうか。また、ボーナスも、夏と冬それぞれが上場企業平均よりもかなり多く、総合しても上場企業平均よりもかなり多いと考えています。また、残業代等も十分に出るため、合計すると生活していく分よりもかなり多めにもらえます」
(プロジェクトマネージャー/30代前半男性/年収800万円/2010年度)

10位:日本アイ・ビー・エム(平均年収638万円)

「数年前より主任級から係長級への昇進においても自己評価に基づき昇進試験を受けることができるようになった。昇進試験自体は自身の経験をレポートにまとめ、その内容をランダムに選抜された上級職の担当者が査定をするといったもので、申請者の経験が昇進するに適当かを判定しているためある程度は申請者の実力に基づいて昇進可否が判断される。また、職位ごとに年収基準が設定されているため、若くして昇進した場合は昇進により給与が大幅に上がる反面、昇進が遅れた者は昇格してもあまり上がらない。この制度により若手にもチャンスが与えられているとともに、年功序列が是正されているため非常に満足している」
(システムエンジニア/30代前半歳男性/年収768万円/2009年度)

<調査概要> 「30代の年収が高い企業ランキング」
調査対象:『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、対象期間中に「キャリコネ」に30代のユーザーから給与・残業情報が10件以上寄せられた企業
対象期間:2017年4月1日~2018年3月31日

関連情報/https://careerconnection.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。