人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.31

光と音を一括操作できるパナソニックのスピーカー搭載LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」

パナソニックは、スピーカー搭載LEDシーリングライト「AIR PANEL LED THE SOUND」シリーズとして、光と音を一括操作できる新たな機能を追加した新製品「HH-XCD1288A」と「HH-XCD0888A」を2月下旬に発売する。いずれも価格はオープン。予想実勢価格は適用畳数が12畳までの「HH-XCD1288A」が約75,000円(税別)、8畳までの「HH-XCD0888A」が約65,000円(税別)。

豊富なあかりシーンと内蔵のBluetoothスピーカーから降り注ぐ音により、空間を上質に演出することができる新たな照明器具として、昨年2月から展開する「AIR PANEL LED THE SOUND」シリーズ。

今回は、別々となっている光と音の各操作を“より簡易に”というニーズに応え、「光と音の一括操作」を可能にする機能を専用アプリに新たに追加。光と音がワンタッチで設定したシーンの「あかり」と「音楽」に切り替わるので、場面に応じた空間演出が簡単にできる。なお、この「光と音の一括操作」は「AIR PANEL LED THE SOUND」シリーズの従来品にも対応する。

また新モデルには、パネル部天井面に独自のコーティングを施した「キレイコート」を採用。汚れや埃を溜まりにくくし、お手入れ性も向上した。さらに、2月発売の同社のスマートスピーカー新製品「コエリモ」と連携させると、「光と音の一括操作」のほか点灯・消灯や調光、調色、シーンの切り替え、音楽再生などを音声で行なうことができるようになる。

全光束は「HH-XCD1288A」が5499lm、「HH-XCD1288A」が4299lm。いずれも光色は昼光色6500 K~電球色2700 K、演色性はRa83。アンプの実用最大出力は5 W+5 W、スピーカーは1ウェイ1スピーカーバスレフ型で3×9 cmコーン型フルレンジを2基搭載。BluetoothはVer2.1+EDRで、対応プロファイルはA2DP(SCMS-T対応)、対応コーデックはaptX Low LatencyとSBC。本体サイズは幅55×高さ9.9×長さ71.2cm、質量は4.9kg。

製品情報
https://panasonic.jp/light/led/panel-thesound.html

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。