人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

年収1000万以上の人がマンションを購入したいエリアTOP3

2019.01.30

エム・アール・シーの「資産活用と不動産購入に関する調査」によると、年収1000万以上の人がマンションを購入したいエリアの1位は「港区」。港区のマンション購入を検討している理由は「将来的に地価が下がらなそうだから」が最多に。調査結果と一緒にファイナンシャルプランナー 北野琴奈さんからのアドバイスも紹介しよう。

資産活用と不動産購入に関する調査

年収1000万以上の人がマンションを購入したいエリア

年収1000万以上で東京都内のマンション購入意向がある人に、購入を検討しているエリアを聞いたところ、21.1%が「港区」と回答し、2 位の千代田区(14.5%)と約7%の差がついた。港区の平均所得水準は23区内でトップであり、高所得層にとっては、マンション購入を検討する上で非常に重要なエリアとなっているようだ。

港区のマンション購入を検討している理由

マンション購入において港区を検討していると回答した人にその理由を聞いたところ、「将来的に地価が下がらなそうだから」という回答が最も多く、50.0%という結果となった。港区は継続的に資産価値を保持できるエリアとして期待されていることがわかる。

マンション購入を検討している人が物件選びで重視する点

マンション購入意向がある人に、物件選びで重視する項目を聞いたところ、「最寄り駅からの近さ」という回答が59.3%で最多となった。以降、「静かさ・治安の良さ」(56.3%)、「周辺施設の充実」(52.6%)などが続き、マンション購入時、”生活における利便性”や”住みやすさ”は欠かせない条件であることがわかる。

資産活用のためにマンション購入を検討している人が物件選びで最重視するポイント

資産活用(投資、資産保持・資産防衛、税金対策)の目的でマンション購入を検討している人に、物件選びで最も重視する項目を聞いたところ、1位の「最寄り駅からの近さ」(25.6%)に続き、「将来的に地価が下がらないかどうか」が15.4%と2位にランクインした。

ファイナンシャルプランナー 北野琴奈氏のコメント

ご自身が住むだけではなく、人に貸す、売却するという「資産活用」の場合には、客観的な視点がより大切になります。いわゆる資産価値というのは、他の人が見て良いと思う物件であることが必要だからです。

駅からの距離といった立地や、住みやすさ等の利便性、希少性等、市場における資産価値の高さが売却価格や賃料に影響しますから、中長期的に人気が継続するかどうかという観点で物件選びを心掛けていきたいところです。

もちろん、売却等は考えていないという方もおられると思いますが、売却しやすい、賃貸に出しやすい不動産を保有することで、将来、何か想定外のことが起こることがあった場合にも慌てずに済みそうです。

調査概要
・実施時期:2018年10月2日(火)〜10月3日(水)
・調査方法:インターネット調査
・調査対象:個人年収600万円以上で首都圏(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住の35〜64歳の既婚男女

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。