人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コントローラーは目!?アイトラッキングを標準搭載したHTCのVRヘッドセット「VIVE Pro Eye」

2019.01.30

「ゲーム・動画を楽しむための新たなツール」として、近年、急速に注目を集めているVRHTC VIVEがアメリカ・ラスベガスで開催されたCESConsumer Technology Association2019にて、VR体験をより刷新する新たなハードウェア&サービスを発表した。

アイトラッキング標準搭載!「VIVE Pro Eye」ヘッドセット

2019年春頃販売開始予定の、注視するだけでメニューを選べるなど、コントローラーを使わない新たな操作性を実現したヘッドセット。

対応ソフトやゲームが増えれば、例えばドリンクを飲みながらであったり、楽な姿勢を取りながらであったりと、さらにVRの楽しみ方の幅が広がることは間違いない。

日本ではすでに、バーチャルキャスト社のVisrtualCast Enterprise版が本製品に対応している。本製品を装着したユーザーの視線やまばたきが対応アバターの視線やまばたきと自動リンクするなど、アバター表現がより自然なものとなった。

500以上のタイトルを無制限でダウンロード!「Viveport Infinity」

VR向けとしては世界初となる、無制限サブスクリプションサービス。

201945日からは「Viveport Infinity」のライブラリから500以上のタイトルを無制限でダウンロードし遊ぶことができるようになる。

VIVEの提供する最新VRヘッドセット「VIVE Cosmos」

HTCのクリエイティブ・ラボが開発した最新VRシステム「Vive Reality System」を搭載したヘッドセット。

装着感が快適になったほか、セットアップや使用方法がより簡単に。また本製品は、ゲーミングPC以外からも接続でき、家と外出先の両方から使用することが可能になっているという。

一部ゲーマーやファン以外には、未だ馴染み深いとは言えないVR。しかし言い換えれば今後の開発次第で、一般家庭からエンタープライズにまで、より浸透しうる可能性を持っていると言える。

今後のVR技術の進化に注目していきたい。

関連情報/https://www.vive.com/jp/

構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。