人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

6割以上の女性が経験している「フェイクオーガズム問題」

2019.01.31

 パートナーとのセックスでイッたふり、いゆわる“フェイクオーガズム”を重ねている女性(少数だが男性も)が意外なほどに多いと言われている。どういう女性がどのような理由でフェイクオーガズムを行なっているのだろうか。

“フェイクオーガズム”に及ぶ女性の特徴

 実際にはそれほどの快感を得ているわけではないのに、パートナーのとのセックスでオーバーに感じているふりをしたりイッたふりをする女性は考えられているよりも多いと言われている。こうしたオーバーアクションはフェイクオーガズム(fake orgasm)と呼ばれているが、いったいどんな女性がどんな理由でフェイクオーガズムに及んでいるのか。

 ハンガリー・ペーチ大学の研究チームが2018年10月に「The Journal of Sex Research」で発表した研究では、人的交流に際し回避的な性格と不安症傾向のある女性にこのフェイクオーガズムがよく見られることを報告している。

 対人関係の基本的な態度を示す愛着スタイル(attachment style)理論が広く普及しているが、研究チーム348人の女性に各種の調査を行なった結果、4つの愛着スタイル(愛着パターン)のうちで「不安型=回避型」の女性がより多くフェイクオーガズムに及んでいることが判明した。

PsyPost」より

 研究チームによれば「不安=回避型」の女性がフェイクオーガズムに及ぶ理由に異なる2つの動機があるという。

 1つはパートナーとの性行為を早く終わらせるためで、もう1つはパートナーを失望させず相手の満足感を高めるためであるということだ。そしてどちらの動機であれ、フェイクオーガズムはお互いをネガティブな感情から遠ざける“演出”であるという。

 言い換えれば、オーガズムに達しないセックスは何かが間違っていて恥ずべきことであるというネガティブな感情を引き起こさないためにも、この種の女性たちにはフェイクオーガズムが必要とされていることになる。だとすればこうした女性たちにとって、むしろセックスレスでカップル関係が続けられたほうが望ましいことなのかもしれない。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。