人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.29

携帯電話料金が値下げになっても半数以上の人が「まだ高い」

菅義偉官房長官による「携帯電話料金は4割値下げの余地がある」との発言がきっかけで、盛り上がりを見せる携帯電話料金値下げに関する議論。

この発言にいち早く反応したのがNTTドコモだ。来年度に2~4割ほど料金を値下げし、ユーザーに年間約4,000億円を還元できると発表している。

ソフトバンクやKDDIは、同規模の値下げに慎重な姿勢を見せつつも、ユーザーの選択肢を広げるプランを検討するなど、世間の風潮へ一定の恭順を示しているようだ。

そこで今回、総合旅行プラットフォーム「エアトリ」による10代~70代の男女1,154名を対象にした「携帯料金の値下げ」に関する調査結果が発表されたので、紹介していきたい。

携帯各社の料金値下げ検討、9割以上の人が「知っている」と回答

「携帯各社が料金の値下げを検討していることを知っていますか? 」という質問が行われたところ、「知っている」(94.7%)「知らない」(5.3%)と、9割以上の人が携帯各社における“料金値下げの検討”を知っていることがわかった。

携帯料金の値下げ、9割以上の人が「嬉しい」

次に「携帯料金の値下げについてどう思いますか?」という質問が行われたところ、「嬉しい」(92.0%)と、9割以上の人が携帯料金の値下げが検討されていることを歓迎するという回答結果に。

一方「どちらでもない・嬉しくない」(8.0%)と、全体の1割未満の人が、“値下げ検討を歓迎しない”と回答していた。「もともと格安携帯を利用しているので関係が無い」、「端末代が高くなるので消費者の負担は変わらないのでは」、「4割も下げられるのであれば今までの料金は何だったのか」といった携帯料金の値下げ検討に対して批判的・懐疑的な意見も多数寄せられている。

<嬉しい人の意見>
・大多数が利用しているサービスなので、値下げの影響は大きく、消費が他に回されて大きな経済効果があるのではと思う(30代女性)
・夫婦揃って年金生活。携帯の使用料を出来るだけ安くする為 極力使用しないようにしています。値下げされれば剰余金が増え大変結構な事と感じています(70代男性)
・値下げは大歓迎だが、その中身、プランをもっとシンプルな内容にして欲しい(50代男性)
・値下げは大歓迎!最適なプランを勝手に選んでくれるようになれば尚嬉しい(60代男性)
・これを機に、複雑な料金プランもシンプルにして欲しい(30代男性)

<嬉しくない人の意見>
・携帯料金が下がっても端末代金が割引されないなどの懸念もある。通信料金を下げたいのならば格安simにすればいいと思う。企業は利益を未来の事業に投資するべき(20代男性)
・最近格安携帯に乗り換えたので、今更な感がある(50代男性)
・低廉はMVNO事業者が担うべき。5G等の技術革新や、災害対策などへの投資にブレーキがかかってしまうのではないか(40代男性)
・料金の値下げも重要だが、安価な端末も充実させてほしい。不必要な機能が多いと思う(40代男性)
・それほど携帯料金が高いとは思っていない。適正価格では(40代女性)
・もはやインフラに近いものなので、極端な値下げはセキュリティや設備維持等に不安があります。難しいところです(50代女性)

半数以上の人が「値下げされたとしてもまだ料金を高く感じる」

「現在使用している携帯電話が4割値下げされたら、料金は妥当になりますか?」という質問が行われたところ、「じゅうぶん安い」(7.6%)、「妥当」(38.6%)、「それでもまだ高い」(53.7%)という結果に。半数以上の人が“値下げされたとしてもまだ料金を高く感じる”と回答する結果になった。

携帯料金が値下げされたらやりたいことは何か?

最後に、「携帯料金が値下げされたら、浮いたお金を何につかいますか?」という質問が実施されると、1位が「貯蓄」(合計:45.8% 女性:47.6% 男性:44.7%)で、男女別でも最多回答となった。2位が「食費」(合計:34.9% 女性:34.8% 男性:35.0%)、3位が「旅行」(合計:33.2% 女性:28.8% 男性:35.8%)という結果になった。

現代人にとって携帯電話は日常生活に欠かせないものであり、その料金は必要経費のようなもの。今回のアンケートであった「値下げされたとしても、まだ高い」という民意を受け入れて携帯電話各社には、人気タレントを過剰に起用したテレビCMなどのプロモーションに腐心するのもほどほどに、利用者への利益還元を第一に考えてほしいものだ。

<調査概要>
調査タイトル:「携帯料金の値下げ」に関するアンケート調査
調査対象:10代~70代の男女1,154名
調査期間:2018年11月08日~11月11日
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ

出典元:株式会社エアトリ

構成/こじへい

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。