人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

デルタ航空が4つの座席クラスを搭載したボーイング777型機を導入

2019.01.29

デルタ航空は、ボーイング777型機の改装に伴い、既存の4種類の座席ブランドである「デルタ・ワン スイート」、「デルタ・プレミアムセレクト」、「デルタ・コンフォートプラス」、「メインキャビン」のすべてを搭載し、一部の太平洋路線および大西洋路線にて3月から運航を開始する。

デルタ航空、4つの座席クラスを搭載したボーイング777型機

一機で4種類の座席クラスを提供することにより、これまで以上に利用者の選択の幅が広がり、旅行をカスタマイズしやすくなる。最新の改装済みB777型機は、以下の路線に導入予定だ。

改装後のB777 では、4種類の座席に加え、​各座席に設置された個人用スクリーン、LEDアンビエント照明、米ゴーゴー社(GOGO)が提供する機内Wi-Fiと携帯電話でのテキストメッセージの無料サービスなど、最先端の機内設備を提供。

「メインキャビン」のシート幅は、デルタ航空の国際線用機材では最大の18.5インチになる。

これまで同社は、新シートの導入、米国内線での機内エンターテインメントの無料化、テキストメッセージ送受信の無料化、頭上荷物棚の大型化、ほぼ全ての機材でのWi-Fiサービスの提供、一部米国内線メインキャビンの食事の無料化やスナックのアップグレード、国際線メインキャビンでのスパークリングワインの提供、アレッシィ製食器やウェスティン・ヘブンリーブランドの寝具、著名シェフ監修の機内食と事前予約のオプション、マスターソムリエ、アンドレアロビンソンが選ぶワイン、ノイズキャンセリング機能付きLSTN製ヘッドフォンの導入などを実現してきた。

関連情報/https://news.delta.com/tailored-travel-delta-debut-first-aircraft-all-four-seat-experiences-march-JP
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。