人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.03

イタリア人のソウルフード、包み揚げピザ「パンツェロット」の専門店が代官山に登場

イタリア南部、ブーツ型地形のちょうどかかとのあたりに位置するプーリア州。 アドリア海とイオニア海に面する海岸線と広大な大地に囲まれた自然豊かなこの場所は、世界遺産の歴史地区「アルベルベッロ」の街並みでその名を知る人も少なくない。そんなこの場所で生まれ育ったイタリア人的ソフルフード「PANZEROTTO(パンツェロット)」の日本第一号店が、1月25日(金)、東京・代官山にオープンした。

第一号店は東急東横線・代官山北口徒歩1分の場所にある。

パンツェロットとは、イタリア風の〝包み揚げピザ〟で、円形に薄く伸ばしたパン生地の中に、トマトやモッツァレラチーズなどのフィリング(具材)を包んで揚げたもの。第二次世界大戦中の貧困の時代、パンだねを揚げて作ったのが始まりとされ、その後、プーリアが小麦粉やオリーブオイル、トマトなど豊富な食材の宝庫だったことから、家庭ごとにさまざまなレシピでオリジナルのパンチェロットが作られるようになったそう。さらに簡単に作れて片手で食べられる手軽さが人気を呼び、今では首都・ミラノを始めとしてイタリア全土で味わえるように。いわば、日本でいうところの〝おにぎり〟のような存在なのである。

揚げたてのぷっくり膨らんだ生地に中から、とろーりアツアツのフィリングが流れ出る。

そして今回、その〝パンツェロット〟そのままの名前を冠したミラノの人気店が、日本初出店を果たした。同店ではプーリア州バーリ市カプルソという小さな町に住むダレッシオ家に代々伝わるレシピを元に、新鮮なイタリア食材をふんだんに使って作り上げたパンツェロットを提供。マリエッラとジュゼッペという姉・弟が中心となって、「これぞパンツェロット」という本場の味を、揚げたてアツアツで楽しめる。ミラノ店は2013年にオープン、2015年には、旅行口コミサイトとして最大閲覧数を誇る「トリップアドバイザー」で。「CERTIFICATO DI ECCELLENZA(良質な店舗)」としての認定も受けた。

マリエッラさん(右)とジュゼッペさん(左)の姉弟、中央はダレッシオ家のレシピを忠実に再現する代官山店マネージャーの鈴木一成さん。壁の一部にはプーリア州の世界遺産、アルベルベッロの白いとんがり屋根の家「トゥルッリ」が描かれる。

まずは、「CLASSICO(クラシコ)」を実食。こちらはモッツァレラチーズとトマトソース、オレガノ(ハーブの一種)を包んだミラノ店でも一番人気のメニュー。早速揚げたてをいただくと……、これが、全ったくもって油っこくないのだ。薄生地特有のパリっとした食感、噛むほどにモチモチの弾力をしっかりと感じる生地は、油を程よくまとい、香ばしくも甘い味わいに。さらに中から溢れんばかりにこぼれ出るたっぷりのトマトソースとモツァレラチーズ、ほのかに香るオレガノに、思わず「ボーノ、ボーノ」のサイン。縦約11cm、横約17cmというビッグサイズとはいえ、生地の軽さと絶妙のトマト風味フィリングで、女子でもぺろりいける危険な美味しさなのだ。

一番人気の「CLASSICO(クラシコ)」(500円)。ともかくトマトソースが絶品。モッツァレアチーズもたっぷりで、素材の美味しさが際立つ。クセになる美味しさだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。