人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.03

私たちに安心感を与えてくれる丸みを帯びたデザイン雑貨5選

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

私たち人間そのものが丸みを帯びた存在だからだろうか。丸みを帯びたものを見ると安心感を受けることが多い。角(かど)のあるものがどこか「理知的」「攻撃的」な印象を与えるのに対して、丸みを帯びたものは「感情的」「友好的」な印象を与える気がするのだ。

今回紹介するのはその丸みを帯びたデザインで私たちに安心感を与えるデザイン雑貨たちである。2018年はあおり運転が社会的にもクローズアップされた年だったと思う。機嫌が悪くなることの多い現代だからこそ、こういうものを取り入れて自分の機嫌を取り戻してもらいたいものだ。

そこにいてくれるだけで安心感を与えてくれる『Resting Bear』

デザインユニット『Front』の「レスティング アニマル」シリーズは人間とオブジェとの密接な繋がりにフォーカスしたプロジェクトから生まれた製品だ。彼らは調査の結果、暮らしの中で気持ちを豊かにしてくれるオブジェとは動物の形をしたものであることに気づく。以前から行われていた動物たちの眠りに関するリサーチの結果と合わせて生まれたのが「レスティング アニマル」であり、この『Resting Bear』というわけだ。人によっては怖い印象を抱くこともある熊だが、体の大きな熊が寝そべって穏やかに眠っている姿にはやはり安心感しか受けない。なお、サイズは91.8×53.1×33.8㎝。ニットカバーで覆われたオブジェだが、スツールやオットマンとして使用してもいいだろう。もちろん子どもの良き遊び相手にもなってくれそうだ。カラーラインナップはモーブ、ターコイズの2色で、お値段は少し高めの税別107,000円。デザイナーズ家具などを扱う「H.L.D」のオンラインショップから購入することが可能だ。

そこにあるだけでオブジェになるピッチャー『Pitcher w/ Black/White Cup』

一般的なピッチャー(水差し)もどちらかと言えば丸みを帯びたデザインをしているだろう。しかし、この『Pitcher w/ Black/White Cup』ほど丸みを帯びているピッチャーもなかなかないだろう。伝統的に水を保存するために使われていた容器にインスピレーションを受けてデザインされたというこのピッチャー、粘土の色もあって日本人なら花火を連想してしまう人もいるのではないだろうか。トップに被せられている白(もしくは黒)の蓋はカップも兼ねているので、これ1つベットサイドに置いておけば、キッチンまでカップを取りにいかなくてもすぐに水分補給することができる。こまめな水分補給を心がける人にとってはその習慣を後押ししてくれるピッチャーになりそうだ。価格は税込9,720円。「Generate Design」のオンラインショップから購入することができる。

その美しさに本来の機能を忘れてしまいそうになる花瓶『Ring Vase』

透き通った2色のカラーの美しさに惹かれるこの花瓶、全体的に角(かど)のない丸みを帯びたデザインをしており、涼しげな印象と温かい印象が同居する不思議な花瓶になっている。不思議な花瓶だが、だからといってもちろん嫌な感じは全く受けない。筒型の本体とリング型のパーツ、2つのパーツから成る花瓶だが、このリング型のパーツにももちろん与えられた機能がある。活ける花の本数が少ないときにこのリングを本体に載せて穴の大きさを絞ることで、活けた花がばらけて見栄えが悪くなることを防いでくれるのである。デザインもしくは機能のどちらかに偏重することなく、そのどちらをも共存させている素晴らしい製品だと思う。2つのパーツにクリア、ライトブルー、レッドの複数の組み合わせがあるので、詳しくは「Generate Design」のオンラインショップで確認してもらいたい。価格は税込88,560円。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。