人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【Kazuquoママの銀座の夜話】丸の内化する銀座について思うこと

2019.01.28

「カオスな銀座」を守りたい

「銀座」や「日本橋」は、まだまだ小さな個人所有の古いペンシルビルも多いので、あたしのように、ずぶの素人が新規オープンなんてことが可能な街。もちろん生き残るのも相当難しから覚悟は必要ね。閉店する店も日々多いけれど、銀座で一旗あげてやる!みたいな人もどんどん集まってきています。オーナーの人間性が看板商品!なんて、オーナーの顔の見える店がまだまだ多い。 「丸の内仲通り」はとても綺麗で素敵だけど、雇われている人が運営しているお店がほとんどよね。この点が、風情の差を生むような気がします。

 ただ、「銀座」も「日本橋」も地上げ、再開発、ビルの建て替えなどがあちこちで行われています。ビルが建て替えられたり、再開発になれば、新しいビルは家賃がすっげー高い!その地に店を構えていた人は新しいビルに再オープンはほぼ不可能。これから「銀座」も「日本橋」も、丸の内仲通りのような優等生、いわゆる「丸の内化」が進むのではないでしょうか?

 アイディアや実力はもちろん、高騰する家賃をも稼ぎだせる経営ができるかスキルをも持ち合わせないと、個人店の存続が難しくなる時代。このままでは企業経営の飲食チェーンか、高級ブランドしかない街になってしまうのではないかしら。それも時の流れなのかしらね。

 この「銀座」「丸の内」「日本橋」を担うデベロッパーの皆様も、おもしろい個人オーナーを集め支援し、育成するなんてコンテンツも取り入れて、個人がチャレンジできるみたいな隙間をご用意いただけないかしら。個性にフォーカスして、街のコンテンツを作る。企業人に個人を信用するというリスクがとれればの話ですけど。これってかなりハードルが高いわね。責任取りたくないものね。

 まだしばらくは「銀座」も、「世界一高級な下町」の座を保持できるでしょう。しかし、銀座の「丸の内化」は今後も確実に進む。個人店が頑張って、皆でつながり、助け合って「カオスな銀座」を守りたいものです。

 いずれにせよ、どんなスタイルでもいいから、衰退せずに進化を続けてほしいと願います。「銀座」「丸の内」「日本橋」…果たしてどこの街が新しい時代の「東京の顔」になるのかしら。これからの10年、この3つの街から目が離せません。

■関連記事
【Kazuquoママの銀座の夜話】領収書は体をあらわす
【Kazuquoママの銀座の夜話】「仕事が入ったんです!」は便利な言葉
【Kazuquoママの銀座の夜話】たわいもないおしゃべり
【Kazuquoママの銀座の夜話】若人に怒涛の愛情を注ぐ。
【Kazuquoママの銀座の夜話】上海で感じた世界の進化のスピードと日本の停滞感

文/Kazuquo

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年6月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタル調理温度計」!特集は「安くてイイもの」&「新しい働き方」&「マイナポイント」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。