人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

こんな競技があったなんて!神戸の中学生が世界チャンピオンになった「トリッキングバトル」って何?

2019.01.26

2018年12月21~23日、 オランダで開催された世界最大のトリッキングバトルの世界大会「 Hooked Gathering 2018(フックドギャザリング2018)」で、 大人に混じって参戦した「岩本将成(14)いわもとしょうせい」が世界チャンピオンに輝いた。

トリッキングとは、世界中で競技者が急増している新しいスポーツ。 空手、 カポエラ、 テコンドーなどの武道の動きに、 体操やダンスなどの動きを融合し発展した。

トリッキングバトルでは蹴りや宙返りなどの難度や完成度、 技と技のつなぎの滑らかさ、 オリジナリティなどを総合的にジャッジし勝敗を決定。

実際に相手を蹴ることはなく、 技を見せ合う安全で平和的なスポーツとなっている。

岩本選手は神戸市灘区在住の原田中学校2年生。 神戸トリッキングスタジオ「タンドラ」にて毎日練習に励んでいる。

強みは「ひねり」や「蹴り技」、 「バリエーション」等全てできるオールラウンダーなところ。中でも特に得意なのは、 「ひねり」で、 大人を含む世界の中で、 岩本選手にしかできない技が多い。

そんな中、世界を驚愕させたのは、 4回ひねりを3つの異なる入り方から成功させたパフォーマンス。

「ひねり王子が神戸にも!?」と今世界のトリッキング選手の中で1番注目を集めている。

現在、 オーストラリア、 アメリカ、 フランス、 ベルギー、 モロッコ、 イスラエル等の世界各国から招待選手として、 オファーを受けているという。

招待選手として参加したオーストラリアでも岩本将成選手が優勝した。また、 2019年1月6日にオーストラリアで行われた大会でも優勝した。

↓岩本選手の華麗な技を動画でチェック!

【「 Hooked Gathering 2018(フックドギャザリング2018)」動画】

https://youtu.be/jRiqt7XQ4S0

構成/編集部

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年7月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDリングライトPREMIUM」! 特集は「今、読むべき 観るべきマンガとアニメ」、「2021上半期ヒット商品大検証」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。