人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

平均年齢35.1歳!ほとんどの従業員がリモートワークを活用するリクルートホールディングスの取り組み

2019.01.29

子育てや介護を機にフリーランスに転向する人も多いこのご時世。だが、会社がリモートワークを取り入れていたらどうだろう?社員として働き続けるのもアリなのではないだろうか。リモートワークを導入しているリクルートホールディングスに取り組みを聞いた。

派遣社員を含む全従業員が対象

お話をしてくださった株式会社リクルート 働き方変革推進室 エバンジェリスト  二葉美智子さん

リクルートホールディングスでは、2016年4月よりリモートワーク制度を本格導入している(リクルートグループとして導入している訳ではない)。

同社で働く派遣社員を含む従業員が対象なのが特徴だ。同社では、コーポレート機能のスタッフが中心となって働いており、経営企画、人事、法務、経理、広報など、経営を支えるスタッフが所属する組織だ。全従業員が対象となり、ほとんどの従業員がリモートワークを活用している。平均年齢は35.1歳(2018年3月時点)。リモートワーク率のような形で継続的に目標値をおくようなことはしてないが、同社では、従業員の労働時間の3~4割はオフィス以外の場所(外出、サテライトオフィス利用を含めたリモートワーク)で働いている。

またリクルートグループのとある事業会社で計測した際には、オフィスにいる従業員が所属する従業員の5割程度だった場合もあった。

導入の背景としては、ダイバーシティが進むなか、多様な働き方の選択肢を増やし、従業員一人ひとりの能力が最大限に発揮される環境を整え、新しい価値の創造をより活発に行うためということがある。

リモートワークを行うメリットとしては、移動時間の削減と個人が業務にとって一番効率の良いワークスペースを選択できることが挙げられる。ITツールの充実により、リモートワークでもTV会議やコミュニケーションがしやすい環境が充実しているので、実際オフィスにこなくて良いケースが生まれ、従業員の生産性向上につながっている。

デメリットというより、リモートワークを導入して気づいた点がある。それはリモートワークの効能は職種によって差異があるという点だ。対面でコミュニケーションを行った方が良い職種や仕事もある中、スタッフ職、営業職、エンジニア職など、職種ごとのリモートワークの活用方法は、それぞれ異なるはずであり、一律にリモートワークを導入することが正しい働き方ではないと考えている。また成果の計測、評価方法も課題だ。たとえば営業職のように売上というわかりやすい成果に結びつく職種と、スタッフ職のように成果を数字で可視化しにくい職があり、その点をどう評価していくかという点は今後も引き続き検討していきたい部分である。

またリモートワークによって創出された時間をどう仕事に生かすか、また自身の成長に還元するかという点はまだ答えが出ていない部分だということだ。具体的には、時間の制約がある従業員(たとえば子育てをしている、介護をしているなど)は時間が生まれることで、効率よく仕事ができ、子育て・介護に時間を割けるというメリットがある。ただ、何も制約がない人にとって、あまった時間を自身の成長につなげるためにはどういう働き方をすべきか、についてはまだ明確な答えが出ていない部分だという。

運用ルールとしては、入社してから原則として最初の6ヵ月はオフィスに出社することが条件だ。理由としては出社した方が会社の雰囲気や考え方など含め業務のキャッチアップが早いと判断しているためだ。

具体的なリモートワークのルールについては同社内でも各部署・組織ごとに最適なルールを作り運用している。よくあるケースとしては、ビジネスチャットで組織ごとグループを作り、その中で始業と終業の連絡を行うという形だ。

ツールとしては、ビジネスチャットやクラウドストレージといったITツールの積極的な導入は勿論、サテライトオフィスの拡充(2018年10月時点、全国で約185か所)も行っている。2016年11月にはキッズスペース付サテライトオフィスを設置し、より柔軟で効率的に働ける環境づくりを進めている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。