人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.29

ミラーレス、デジタル一眼レフ、初心者におすすめのデジタルカメラ17選

 スマホより良い写真が撮りたい、ちょっとカメラに興味が出てきた。そう思って量販店のカメラ売り場に足を運ぶと、待ち受けるのは無数のカメラ、カメラ、カメラ。初心者が、その中から自分でズバっと正解を見つけ出すのは至難の業です。

 そこで、ミラーレスや一眼レフなどのジャンルごとに、初心者におすすめしたいコスパ抜群のカメラをリストアップしました。きっと、お気に入りの一台が見つかるはずです。

カメラ初心者におすすめのミラーレス一眼

 軽量コンパクトが魅力のミラーレス一眼。一昔前は性能的に一眼レフよりワンランク劣る存在として扱われていましたが、今やレンズ交換式カメラの主流となりつつあります。これからカメラを始める人にとって、ミラーレス一眼という選択肢は最右翼となるでしょう。

◎EOS Kiss M

エントリーモデルの覇者EOS Kissシリーズ初のミラーレス一眼。スマホでしか写真を撮らない層でも簡単に良い写真が撮れるように配慮されているが、自分で設定をマニアックに追い込んだ撮影にも対応する。別売りのアダプターを使用すれば、豊富なラインナップを持つ一眼レフ用のキヤノンレンズも流用できるため、レンズ選びの幅も広い。初めてのカメラとして、性能が不足するとはまず考えられないほど完成度の高いカメラだ。

有効画素数:約2410万画素
動画記録サイズ:4K(24P)
液晶モニター:バリアングル式
質量:約351g(ブラック・本体のみ)

◎EOS M100

Kiss Mよりも機能が制限された入門モデルではあるが、画質は必要充分以上。スマホでは撮れない、背景を大きくボカした美しい写真を撮ることができる。カメラをコーディネートできるカラフルなフェイスジャケットが9種類用意されており、ファッション感覚で楽しめる点も魅力。バッグにスッと忍ばせておけるサイズ感は、写真を生活の一部にしてくれるだろう。

有効画素数:約2420万画素
動画記録サイズ:FHD(60P)
液晶モニター:チルト式
質量:約266g(本体のみ)

◎X-T20

エントリーモデルではなくミドルクラスの機種になるが、発売から時間が経ち、初めてのカメラとして手が出しやすい価格に落ち着いているので狙い目。富士フイルムのカメラは操作がやや独特で初心者には適さないように思えるが、逆に初心者であれば『普通の操作体系』という基準もまだないので、問題はないだろう。注目はなんといっても写真のテイストが選べる『フィルムシミュレーション』。フイルムメーカーとして画作りを追求してきた富士フイルムカメラが描き出す写真の色は、息をのむほどに美しく、多くのカメラ好き、写真好きたちを魅了している。

有効画素数:約2430万画素
動画記録サイズ:4K(30P)
液晶モニター:チルト式
質量:約333g(本体のみ)

◎X-T100

前述のX-T20の弟分にあたる、X-Tラインのエントリーモデル。入門機とは言え富士フイルムの色表現に違いはないので、好きな人にはたまらない描写の写真が撮れる。180度展開するタイプの特殊なチルト液晶と、顔の向きや位置を認識して自動でシャッターを切ってくれるというユニークな機能により自撮りに有利。instax SHARE (別売り)に画像を送信して、チェキプリントを楽しむことができる(X-T20も対応)。

有効画素数:2424万画素
動画記録サイズ:4K(15P)
液晶モニター:3方向チルト式
質量:約399g(本体のみ)

◎α6300

エントリーモデルと呼ぶのがはばかられる高性能なカメラだが、ソニーαシリーズの中では入門機の位置付け。425点のAFセンサーを搭載しており、オートフォーカスの速度と正確さはフラッグシップ機に迫る。発売当初は10万円を軽く超える価格であったが、今なら新品でも8万円程度で入手可能だ。2014年発売と古めの機種にはなるが今でも充分な性能を持つα6000と、10万円前後とやや価格が上がるものの、光学式手ブレ補正やタッチパネル対応など便利な機能を搭載したα6500という魅力的な機種が、同じαシリーズにラインナップされている点は悩ましい。

有効画素数:約2420万画素
動画記録サイズ:4K(30P)
液晶モニター:チルト式
質量:約361g(本体のみ)

◎α5100

αシリーズの末弟。180度チルト液晶搭載でタッチフォーカス&タッチシャッターに対応しており、気軽に自撮りができる。ファインダーやホットシュー非搭載とコンデジライクが外見だが、上位機種のα6000と同様のオートフォーカス性能を持ち、動き回る子ども程度なら容易にとらえる。

有効画素数:約2430万画素
動画記録サイズ:FHD(60P)
液晶モニター:チルト式
質量:約224g(本体のみ)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。