人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.28

伊勢谷友介が手がけたゲーム感覚で名所、名店巡りを楽しむ探索アプリ「grully」とは?

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

こだわりのあるコースでその地域の魅力を知るコース探索アプリ

休みの日になにをしようか迷う、出張先で時間の余裕ができたが土地勘がないのでどこに行けばいいのかわからない。行きたいけれど思うように情報を得られない、そんな悩みに応えるサービスが、リバースプロジェクトによる1月からの提供開始を予定しているアプリ「grully(グルリー)」。

専門知識やこだわりの趣味を持つ“コースキュレーター”が作ったコース上に存在するチェックインポイントをめぐることで、時間を有効に使いながら、今までなかった楽しみ方の発見や独自の体験を手助けする。

リバースプロジェクト代表で俳優の伊勢谷友介氏、共同代表の龜石太夏匡氏、キャッシュレス化や地域活性化のソリューションを提供するNIPPON Platformの高木純 代表取締役会長、菱木信介 代表取締役社長、NIPPON Platformとの合弁会社リバースプロジェクトネクストの金田隼人社長による、新アプリ「grully」発表会とトークセッションが開催された。

「grullyの強みは、チェックインポイントが連なるコースをユーザーがめぐることで利用履歴をデータ化し活用できるということ。自分のこだわりが詰まったコースをいろいろな人に知ってもらいたいという、リアルな想いを持った人たちがコースを制作している。このアプリによるコース資産は、一過性でない地域の資産作りや継続的な来客者数増加に貢献できるものだと想定している。grullyは単発的ではなく連続的な形で、人の想い、地域の魅力をつないで最大限に発信できるツールだ」(金田氏)

「現在NIPPON Platformの端末を全国2万5000箇所に設置しており、これらがgrullyのチェックポイントになっていくので、地方の店舗の来客者数が増加することによって、最終的には地域創生につながっていくと期待している」(高木氏)

地域の魅力あるコースや、サウナ、ラーメンなどこだわりの趣味を活かしたコースなど、コースキュレーターとして一般の人が制作に参加できるのも「grully」の特色。コースキュレーターの中には、地域の魅力だけでなく、こだわりの強い趣味や誰よりも詳しい分野をコース化して発信するキュレーターが存在する。

サウナ愛好家として知られる松尾大さんによる「サウナをハシゴしながら、日本の芸術や食を最大限楽しむことができる両国のコース」、訪れた神社は1万社以上という“神社巡拝家”の佐々木優太さんによる「神社巡拝家が絶賛する、横浜市青葉区にあるローカル神社の魅力を感じながら街を散策できるコース」、ラーメン女史として注目を集め、年間600杯食べ歩くという森本聡子さんによる「着物で祇園の古きよき町並みを巡り、いつもとは違った気分で京都の街並みとラーメンを楽しめるコース」が紹介された。

アプリケーションのデモ画面を見せながら先行発表されたコースについて伊勢谷氏は、「3コースとも行ってみたいと期待させる。僕自身もそうだが、このアプリで自分のこだわりのコースを作ってたくさんの人たちと共有したいと思っている方もいるのではないか」と話す。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。