人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.02.18

どこでも快適にリモートワークができる最新モバイルPC&タブレット5選

どれも一度使ったらやみつきに!最新 2 in1 PCとタブレットの神がかり的な使い勝手

今どきのスマホは処理能力が高く、1台あれば多くの仕事をどこでもすませられる。とはいえ、複数の作業をサクサク処理するには、やっぱりノートPCやタブレットが欠かせない。特に最新機種は手書き機能も充実。リモートワークをサポートする〝神アイテム〟はコレだ!

 仕事で移動が多い人がPCを選ぶなら携帯性に優れていることが第一だ。そのうえで、性能が高く使っていてイライラしないこと、幅広い作業に対応できることが理想。買うなら2 in 1 PCもしくは高性能なタブレットがベスト。また携帯性と同じくらい重要なのが、キーボードの使いやすさ。タブレットなら、手書き入力が気持ちよくできるとポイントが上がる。記事の校正で赤字を入れる際、見やすくて書きやすいペンとタブレットは欠かせない。一般のビジネスパーソンなら書類に直接メモを記入することも多いと思うが、ペンとタブレットがあれば、それがどこでも快適に済んでしまうのだ。

 今回紹介する中では『Surface Pro6』と『iPad Pro』の手書き入力が非常に快適だった。『Surface』はカバー兼用のキーボードが静かで気持ちよく打てる。また、『VAIO A12』は2 in 1 PCとは思えないほど膝上に置いても安定。通常のノートPCと変わらない使い勝手の良さに好印象を持った。

房野麻子さんテックライター
房野麻子さん
スマホやタブレットを中心にレビュー記事を執筆。PCの入力方法にもこだわりがある。

視差がほとんどなく直感的に書き込める!

VAIO『VAIO A12』VJA12190211B

『VAIO』では初めて、デジタルペン入力技術「AES方式」を採用するワコムのデバイスが採用された。4096段階の筆圧検知によって、筆跡の太さも自然に変えられる。また、ペン先と描写位置を正確に一致させる工夫で視差が一切なく、筆記が思いのまま。実際に書いてみると非常に追従性が高く、サラサラと書けた。

VAIO『VAIO A12』VJA12190211BVAIO『VAIO A12』VJA12190211B オープン価格(実勢価格約24万4300円)

ディスプレイとキーボードが分離する2 in 1 PCでありながら、ヒンジ部の「スタビライザーフラップ」機構により膝の上で開いても安定。幅広いシーンで活躍する。

CPU:インテル Core i5-8200Yプロセッサー1.30GHz(最大3.90GHz) ストレージ:256GB 画面サイズ:12.5型ワイド(1920×1080ドット) サイズ:約W305.5×H17~21×D211.9mm(キーボードユニット接続時) 重さ:タブレット 約610g/キーボードユニット接続時 約1.211kg

[願望達成度 ★★★★★]

VAIOのノートPCと同様のキーボードを採用VAIOのノートPCと同様のキーボードを採用。タブレット部とキーボード部を分離させても使える。

画面を開くと新開発のスタビライザーフラップが展開画面を開くと新開発のスタビライザーフラップが展開。支点を後方に移動させて安定性を保つ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年6月14日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「メンズ美的ビューティーボックス」!  特集は「2019年上半期ヒット商品大研究」「NEW渋谷の全貌」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。