人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.25

飲み会の〆スイーツはりんごとコーヒーがベスト!?注目される「赤果肉りんご」の健康効果

“果肉まで赤い”りんごが存在するのをご存知だろうか。この果肉まで赤いりんごとカフェインレスコーヒーをセットにしたシメスイーツが2019年1月31日まで、大井町の居酒屋で提供されている。この赤果肉りんごもコーヒーも、どちらもポリフェノールがたっぷりの品で、酒を飲む機会の多いビジネスパーソンに向いているという。そこで、赤果肉りんごを研究する信州大学農学部の伴野潔教授に、ポリフェノールに期待できる健康効果を聞いた。

果肉まで赤いりんごとは?

「白雪姫が食べなかったほうのりんご」

大井町の居酒屋「鹿児島県霧島市 塚田農場 大井町店」では、中の果肉まで赤いりんごを使ったスイーツのセットメニュー「白雪姫が食べなかったほうのりんご」が2019年1月15日~1月31日まで、1日5食限定で提供される。赤果肉りんごの「なかののきらめき」を焼きりんごにし、種がくり抜かれた部分にマスカルポーネチーズアイスと赤果肉りんごが浸され、香りづけされたコーヒーソースを注いで食べるという、ちょっと上質なシメスイーツだ。セットでは、ネスレ日本の協力により「ネスカフェ ゴールドブレンド カフェインレス」が提供される。

赤果肉りんごは長野県で5品種栽培されているそうだが、今回商品に使われているのは「なかののきらめき」という品種だという。

「なかののきらめき」

なかののきらめきは、5品種の中で最も酸味が強いとされているりんごで、皮は黄色、果肉は赤色をしている。りんごが成熟して果肉が赤くなるにつれ、透き通って皮がオレンジ色に見えるという特徴もある変わったりんごだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。