人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

大正時代の姿に甦る!鉄道駅として日本で初めて重要文化財に指定された門司港駅

2019.01.23

大正3年(1914年)に創建され、1988年(昭和63年)に鉄道駅として日本で初めて重要文化財に指定された『門司港駅』。今回、約6年間の保存修理工事を経て、2019年3月10日(日)に大正時代の姿に甦る。

大正時代の姿に甦る「門司港駅」

外壁は石貼り風にモルタルを塗り、屋根には天然の石盤を採用。さらに途中の時代で失われてしまった屋根まわりの飾りを復原する。 門司港駅のシンボルである大時計は、古新聞の調査から大正7年に取り付けられたことが明らかになった。

また、スターバックス コーヒー 門司港駅店」は、大正時代の姿に復原される門司港駅の1階(旧三等待合室)部分に出店。門司港駅の大正時代の待合室の雰囲気を残しながら、スターバックスらしい落ち着いた雰囲気の空間づくりを目指すという。

当時の姿にタイムスリップしたような待合室のなかで高品質のコーヒー、サービス、空間を提供し〝サードプレイス(家庭、職場・学校等に次ぐ第3の生活拠点)″としてくつろげる空間を演出する。

構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年2月15日 発売

DIME最新号は「6WAYキッチンオープナー」と「超快適マスク」の2大付録に注目!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。