人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

平成に入って使用頻度が最も上がった日用品は?

2019.01.23

コンセントタイプの蚊取りマット、男子トイレにあった丸くつぶつぶした芳香剤、学校の手洗い場のレモン石鹸…。平成の31年間の中で、誕生して話題を呼び、日常的に使用されていたものの、新たな代用品の登場と共に姿を消していった様々なアイテム。

「そういえば、いつのまにか見なくなったなぁ」と感じるアイテムがある一方、今や私たちの生活になくてはならないものも多数登場している。

今回は、平成の中で使用頻度がグンと上がった「なじみアイテム」と、今を生きる現代人たちがアイテム選びをする上で何を重視しているかなどを、「平成」と「日用品」をキーワードにご紹介していこう。

使用頻度が最も上がったアイテムは「使い捨てマスク」!

今回、男女3857名にアンケート調査をした中で、「平成に入り使用頻度が上がった」もの第一位は「使い捨てマスク」!

確かに思えば、昔は洗い回すガーゼマスクを多く使っていたような気もするが、いつのまにか使い捨てマスクの方が登場頻度が増え、打って変わってしまった。今のインフルエンザシーズンはもちろん、今後の花粉シーズンにも大活躍するアイテムと言える。また近年は、スッピン隠しのための「だてマスク」として着用している女性も多いようだ。

続いて、二位には「ウェットティッシュ」、三位には「デンタルフロス・歯間ブラシ」がランクイン。平成に入り、気軽に使える衛生商品がグンと増えたことがうかがえる。

男女共に、スキンケアに注目が集まった「平成」時代!

各項目ごとに、男女別で「使用頻度が増えた」と思うものを調査。

こちらは面白い結果となったのが、「洗顔料」や「化粧水・スキンケア用品」だ。平成生まれ・平成育ちの20代・30代を見ていくと、それ以上の年代層に比べ、上記2つの項目の数値が異様に高い。

特に男性の「洗顔料」の結果を見てみると、60代・70代以上の男性は1桁代であることに対し、20代・30代は30%超えと驚きの結果。美肌に気を使うメンズが増えたのが「平成」時代の特徴とも言えるだろう。

日用品選びの決め手は「使い勝手の良さ」

また、日用品選びで重視するポイントも質問。こちらは男女ともに二位以下の回答を大きく引き離し「使い勝手の良さ・機能性」を重視するという結果に。

改めて「使用頻度が増えたアイテム」を振り返ってみても、使い捨てできるマスクや、携帯サイズが増えたウェットティッシュなどが人気を集めたことからして、納得といえば納得の結果だ。

平成生まれの日用品は、「プチプラで高品質」!?

最後に、平成生まれの日用品はどう言ったものが増えたと思うかを質問した。

「プチプラで質の良いものが増えた。100円ショップでも機能性&デザインがいい」

「オーガニックや無添加など素材を重視したものが目につきやすくなったと思います」

「時短に役立つものが増えた」

…などなど、主にはやはり体に優しいもの・便利なものが増えたという回答が目立つ。また、低価格帯でありながらも高品質なものが増えた、という回答も多く集まった。

平成も残りあとわずか。今後、新元号時代にどのようなものが生まれ人気を集めていくのか注目していきたい。

関連情報/https://www.planet-van.co.jp/shiru/from_planet/index.html
構成/ino

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年5月13日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「LEDライティングボード」! 特集は「超進化形スポーツギア」、「コストコ&業務スーパー完全攻略」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。