人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.28

高齢者の孤独死を防ぐIoT仏具「みまもりん」は普及するか?

若者と老人の「逆転」

「昔は年配の人が若い人にいろいろな知識を教えていました。けれど今は、その構図が逆転しています。若い人が年配の人にスマホやアプリの使い方とかを教えるのですが、それが覚えられなければ置いてきぼりにされてしまいます」

作島氏の言う通り、高齢者はコミュニティーにとっての「生き字引」だった。70年も生きていれば周囲から「頼りになる頭脳」と見なされ、あらゆることを質問される。

しかし現代は、高齢者が若年者に知識の伝授を請わなければならない時代になった。

果たしてそれが科学技術の目指す終着点なのかと考えた時、規格定規な性格の筆者はどうしても足を止めざるを得ない。だがだからといって、時計の針を逆回転させたりデロリアンを改造してタイムマシンにするわけにもいかない。

つまるところ、Wi-Fi接続のIoT製品にも「誰にでも使えるくらい簡単」という要素が不可欠になってくる。

設計段階のプロジェクト

みまもりんは既にプロダクト化されているものではなく、現状はまだ設計段階だ。

海外のクラウドファンディングでは、プロトタイプすらない状態でも製品の提供を約束するプロジェクトがある。製品出荷予定日が数年先というものもあるくらいで、結果的に製品化まで至らなかったプロジェクトも多数存在する。

それでは、みまもりんはどうか。このプロジェクトが出資者に提供するのは、チタンストローである。おりんにも使用される、人体に無害の金属である。また、5万円以上の出資者にはプロトタイプのモニター権と共に、みまもりん開発チームとの意見交換会に参加できるそうだ。

既に完成されたものを提供するのではなく、一般ユーザーを開発過程に参加させようという発想は現代ならではだ。

通信格差の是正を目指す

スティーブ・ジョブズの「電話を再発明した」というスピーチは非常に有名だが、今でもスマホを前にして「?」を浮かべる人は少なくない。

我々はそれを見下すことはできない。なぜならiPhoneが発表された当時、多くのテクノロジーメディアが「iPhoneが普及する可能性は高くない」と判断していたからだ。フィーチャーフォンが世界水準よりも発達していた日本のメディアは尚更だった。

スマホの存在により、個人間の通信格差が広がっているのは事実だ。だがその格差を良しとせず、格差の是正に力点を向ける試みがあることも事実として記載しなければならないだろう。

【参考】仏具×IoT「みまもりん」で 独居老人600万人とその家族に毎日安心を届けたい!-Makuake

取材・文/澤田真一

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。