人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

【開発秘話】発売から1か月半で10万枚出荷したグンゼ「BODY WILD AIRZ」

2019.01.23

■連載/ヒット商品開発秘話

 グンゼのメンズアンダーウェアブランド『BODY WILD』から2018年7月に月発売された『AIRZ(エアーズ)』の売れ行きが好調だ。発売から1か月半で10万枚を出荷した。

『AIRZ』最大の特徴は、あって当たり前の腰ゴムをなくしたこと。素材と設計を工夫し生地全体でホールドするようにしたことで、これまでにない穿き心地と解放感を実現した。

楽なものを求める社会的風潮

 同社によれば、メンズアンダーウェアは10〜20年サイクルで新カテゴリーが誕生しているという。歴史を振り返ると、申又(さるまた)に始まりブリーフ、トランクス、ボクサーブリーフと誕生してきたが、1998年の『BODY WILD』誕生とともに成長してきたボクサーブリーフ以降、新カテゴリーが生まれていない。

『AIRZ』の構想が始まったのは2012年頃のこと。背景にあったのは、このような現状に加え、楽でストレスを感じないものを求める社会的風潮があった。アパレルカンパニー インナーウエア事業本部MD本部メンズ&キッズMD部の武安秀俊氏は、次のように話す。

「当社はメンズ、レディース、キッズの肌着を展開していますが、レディースでは以前から、切りっぱなし素材を使い、首回りや袖口、裾に縫い目がないショーツやトップスが主流になってきていました。その先駆けになったのが『KIREILABO(キレイラボ)』というブランド。とくにショーツは腰ゴムのない切りっぱなし素材だけでつくるなど、革新的な技術を用いていたのですが、メンズにはこのようなものはありませんでした。ストレスフリーなものを求めるのはメンズも同じで、あってもいいのではないかと考えました」

グンゼ
アパレルカンパニー
インナーウエア事業本部MD本部
メンズ&キッズMD部
武安秀俊氏

 ボクサーブリーフの次に来る新カテゴリーのメンズアンダーウェアをつくるにあたり注目したのが、レディースでのこのようなトレンドであった。縫い目がない切りっぱなし素材を使い、なおかつ腰ゴムもなくした楽なものは、社会的風潮に合っていると判断した。

ずり下がりを解決した素材とパターン設計

 すでにレディースで実用化されている技術を活かすので、一見すると開発はスムーズに進んだかのように思われるが、社内で発表されたのは2017年に入ってから。構想から実に5年後のことだが、5年も時間を要したのは、開発が困難を極めたからであった。

 開発が困難を極めたのは、ずり下がってくるという問題があったからだった。 女性の場合はくびれがあるので、腰ゴムのない切りっぱなし素材でも腰でしっかり止まるが、くびれのない男性は腰ゴムがないとどこにも引っかからず、止まってくれない。

 カギを握ったのは、素材選びやパターン設計であった。

 同社では15年以上前から切りっぱなし素材を開発している。種類は実に豊富で、「それら1つひとつが持っている特性から、どれが最適なのかを探すことから始めました」と武安氏。糸によって特性が異なるのは当然だが、同じ糸でも編み方によって生地の伸び方が変わるという。

 10種類ほどまで絞り込んでからサンプルをつくり、穿いて検証。その結果、ずり落ちない最適な素材はレーヨン90%、ポリウレタン10%という結論に落ち着いた。

 もう1つのパターン設計は、『AIRZ』のために「アルゴウェーブカット」を開発した。ずり下がらず締め付けすぎないものにするために開発されたものだが、武安氏は次のように話す。

「腰ゴムでしっかりと止まりさえすれば、その下の設計は多少ルーズでもずり下がることはありませんが、腰ゴムをなくすと、生地全体でフィットさせずり下がらないようにしなければなりません。これを実現するために、素材の伸縮性だけでなく、各部位へのパワーのかかり方を考慮したパターンを採用する必要がありました。そこでアルゴウェーブカットは、伸びやすいところはよく伸びるように設計しました」

 素材を決めてからパターンが完成するまでに、サンプルを50種類ほどつくって検証した。「ずり下がる問題はクリアできると思っていましたが、満足していただける穿き心地にするため、こだわってつくり込みました」と武安氏は振り返る。

伸縮性の高い素材と独自の「アルゴウェーブカット」により、腰ゴムがなくても生地全体でフィット。これまでにない穿き心地と解放感を実現した

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。