人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.21

OPPOがトリプルカメラ構造を採用したロスレス10倍ズーム技術を公開

OPPO は、今後発売予定のロスレス 10 倍ズーム技術を公開した。OPPO の担当者によると、ロスレス 10 倍ズーム技術は、各種の商用基準を満たし、量産体制の準備が整っているという。

この新しい技術を実現するために、OPPO は「超ワイドアングル + 超クリアマスター + テレフォト」で構成されるトリ プルカメラソリューションを開発した。

超ワイドアングルカメラの相当焦点距離は 15.9mm で、ワイドアングルビュー ファインダーに独自の機能を提供する。

プライマリカメラが写真の画像品質を保証し、相当焦点距離が 159mm のテレフォトカメラとオリジナルの「飛び出し構造」を組み合わせ、高倍率ズームをサポートすることで、高品質の長距離撮影が可能になる。

また、3 台すべてのカメラを連動して動作することで、それぞれの長所が最大に活かされ、さまざまなズーム範囲で画像品質が最適化する 10 倍ズームをリレー方式で実現。

全てのズーム範囲で画像品質を維持するために、OPPO は標準とテレフォトの両方のカメラにデュアル OIS の光学手ぶれ補正機構を実装した。

このロスレス 10 倍ズームを実現するには、トリプルカメラ構造に加え、OPPO が開発した「ペリスコープ(潜望鏡)構造」 も不可欠だという。

ペリスコープから発想されたデザインは、レンズセットの横方向の配置と屈折を利用することで、携帯 電話の筐体の幅と厚みを最大限に活用。

このデザインにより省スペースが実現し、携帯電話の本体が薄く軽 量であるという前提で、より大きな光学コンポーネントを利用できるため、携帯電話でのテレフォト撮影機能が実現できるのだ。

さらに、OPPO は業界における検査基準の落下テストによってカメラモジュールの信頼性を検証している。その中で も、プリズム部分については 2 ラウンドの落下テストを実施。前後面で各 10,000 回、残りの 4 面で各 2,000 回、合計 28,000 回の落下テストで構成している。

また、OPPO は新たにワイドゾーン光学指紋認証技術も発表。この技術は、現在主流となっている光学指紋認証技術と比較し、最大 15 倍効率的に領域を認識。ユーザーは、エリア全体のどの領域でも指紋認証を使い、ロックの解除やモバイル決済を行うことができる。

画面内の光学指紋セン サーは、柔軟性があり、自由で、使いやすく、自然かつ最適なインタラクティブ体験をユーザーに提供する。

OPPO のワイドゾーン光学指紋認証には、モバイル決済のセキュリティを著しく向上させる指 2 本同時の入力と認証 をはじめとする革新的機能が搭載され、単一指紋認証の 50,000 倍のセキュリティレベルを実現。

さらに、この次世代ソリューションには「光暗号化」機能も搭載。ロックを解除する前にユーザーが暗号化アプリケー ションを起動しなければならない従来型の 2 段階オペレーションと比較し、「光暗号エリア」内のすべてのアプリケーショ ンの起動、認証、ロック解除を 1 回のクリック操作で完了できる。

OPPO の担当者によれば、光学ドメインスクリー ン指紋テクノロジーが搭載された製品は、2019 年中に投入予定だ。

関連情報:https://www.oppo.com/jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。