人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.21

小田急ホテルセンチュリーサザンタワーが全客室にAIスピーカーと関連サービスを導入

JR 新宿駅南口から徒歩 3 分のところにある「小田急ホテルセンチュリーサザンタワー」が世界初・業界初となる AI スピーカーおよびこれらを活用した新サービスを、全客室(375 室)に導入した。

インバウンド需要の増加に伴う多言語対応の必要性が高まる中、今回導入する AI スピーカーには、クラウドベースの音声サービスのほか、TradFitがホテル向けに開発・提供する多言語チャットボットサービスを搭載。

訪日外国人旅行客をはじめとした多くの利用者へのサー ビス・利便性の向上を目指す。

今回の取り組みでは、利用者からのフロントへの問い合わせや貸出備品のリクエストなどに対し、AI スピーカーへ話しかけることで回答や貸出受注を行うことが可能。

さらに話しかけた内容がデー タベースにない場合や、AI スピーカーが返答できない内容・言語であった場合は、画面に QR コードを表示し、これを利用者自身のスマートフォンなどで読み込むことにより、多言語チャ ットボットを起動し、対応を継続する。

多言語チャットボットは、利用者のネイティブ言語で の質問・要望を送信することで、その内容を自動翻訳し、ホテルスタッフは利用者からのリクエ スト内容を正しく理解して対応を図る。

これにより利用者は、フロントへの電話の手間や 言葉の壁がなくなるとともに、ホテルのスタッフは、一人一人に寄り添うおもてなしが 可能になる。

また、この AI スピーカーには、ヒト・コミュニケーションズと TradFitが共 同で開発した「世界初・業界初」となる、ホテル向けチャットコンシェルジュサービスを搭載。

これは、訪日外国人ゲストからの依頼が多い外部レストランやアクティビティ等の予約を、 多言語チャットボットを介しつつも有人オペレーターにより対応を図るもの。

このサービスにより利用者は、ホテル滞在中の「旅ナカ」に、これまで以上に高品質かつホスピタリティあふ れるサービスを享受できるものとなる。

サービス概要

【開始日】2019年1月19日(土)より、全客室(375室)に導入 
【サービス内容】
客室の貸出品オーダーの受付およびデリバリー業務の効率化
フロントへの各種問い合わせ対応の一部自動化
問い合わせの管理画面への通知
ニュース、音楽、アラーム設定
多言語対応チャットボット
旅ナカの外部レストラン・アクティビティ予約対応の外注化

【小田急ホテルセンチュリーサザンタワーの概要】
名称: 小田急ホテルセンチュリーサザンタワー
所在地:東京都渋谷区代々木 2-2-1 複合ビル「小田急サザンタワー」の 19 階~35 階

施設:客室 375 室(22 階~35 階)、レストラン・ラウンジ 4(19 階・20 階)、 パーティールーム 各 4(21 階)、ロビーショップ(20 階)、駐車場(地下 1 階~地下 3 階)
アクセス:JR 他新宿駅南口から徒歩 3 分 JR 新宿駅甲州街道改札、新南改札から徒歩 3 分、 都営地下鉄新宿駅 A1 出口から徒歩 1 分

関連情報:https://www.southerntower.co.jp/

構成/編集部

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。