人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

世界各国で男女平等が実現するまでに要する時間は108年

2019.01.19

近年、「男女平等」が日本で叫ばれる中、世界各国の男女平等の度合いを指数化した「ジェンダー・ギャップ指数」2018年版が世界経済フォーラムによって公表された。

この報告書は、経済、教育、保健、政治の4分野14項目における格差の状況を指数化し国別に順位をつけたものだ。

2018年版「ジェンダー・ギャップ指数」

100%を完全な平等とすると、今回、世界の格差は平均で68・0%。日本は前年の65・7%から66・2%に改善し、昨年の114位からは順位をあげたものの、主要7カ国(G7)内では最下位の110位。

1位は、達成度85%のアイスランド、続いてノルウェー(83.5%)、フィンランド、スウェーデン(何れも82.2%)と北欧諸国が続く。10位以内には、5位のニカラグア、6位のルワンダ、8位のフィリピンと、プラン・インターナショナルの活動国も名を連ねている。これは、女性の政治・経済分野における進出が進んでいることが要因となっている。

2018年の報告では、賃金格差の是正、専門職に就く女性の数の微増など改善が見られたことで、男女間の格差が若干狭まったとされてはいるものの、特に、経済、政治分野における女性進出は後退したことが明らかに。

現状のままだと、ジェンダー・ギャップの解消には108年を要する

報告書では、改善の速度が現状のままだと、男女平等が実現するまでには108年を要すると述べられている。最も大きな課題とされているのが、経済面と政治面の解消で、各々202年、107年の時間が必要だ。

経済分野における機会創出においては、今年若干の改善が見られたものの、政治分野においては、調査開始時の2006年から状況が後退しているのが実情。

教育や保健の分野においては、比較的順調な改善が見られ、当初の見込みよりも早い段階での達成が見込めることは朗報だ。とはいえ、女性の非識字率が20%を超えている国は依然44カ国あり、教育の分野でも更なる取り組みが必要とされている。

関連情報/https://www.plan-international.jp/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。