人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.19

社長は普段、財布にいくら現金を入れている?

社長は会社の食事会や飲み会、接待での会計、社員と一緒に移動するタクシー代など経費か自腹かに関わらず「人前でお金を支払う」ことが多い。

そこで、ESSPRIDEは「社長には“支払いの美意識”があるのでは」…と考え、ユニークな調査を実施。日常の支払い場面では、新サービスが次々発表され消費税の軽減税率などでも注目される「キャッシュレス」決済を用いる社長が多数派であることが明らかになったので紹介しよう。

社長脳内リサーチ ~支払いの美意識編~

社長が日常の支払いでよく用いるものとして最も多い回答は「クレジットカード」52.0%で、「現金」46.0%を上回る結果となった。電子マネーなど「クレジットカード以外のカード」2.0%をあわせて、54.0%の社長が現金以外の決済手段をよく使う【キャッシュレス派】であることがわかった。

“社長のたしなみ”としていつも財布に入れている現金額は、平均「63,000円」。【現金派】社長の平均は「63,696円」、【キャッシュレス派】社長の平均は「62,407円」と、平均では【現金派】社長の方が1,289円多く財布に入れているという結果になった。また、いつも財布に入れている最高額は「500,000円」で【現金派】の社長による回答でした。【キャッシュレス派】社長の最高額は「350,000円」。

採用活動では社長と求職者が食事を共にしながらの面接スタイルも広まっており、そんな時、社長の支払いでのふるまいは「見られて」いる。社員の前での支払いでは、スマートさと“漢気”を「見せたい」ところ。今回の調査結果は、ブランディングや採用面で改革をしたいが何から始めたら良いかわからないという社長には、目からうろこ、斬新な情報となったのではないだろうか。

調査方法
1.調査の方法:インターネット調査(株式会社Shake hands by ESSPRIDE調べ)
2.調査対象者:全国の20~59歳で従業員数2名以上300名未満の男性経営者 100名

関連情報/http://shacho-chips.com/
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。