人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

HEY!SAY!時代を振り返る・Jリーグが開幕し、ルーズソックスが大流行した平成5年(1993年)編

2019.02.01

オーレーオレオレオレー♫ 平成五年の流行語大賞は「Jリーグ」!

年に1回、毎年12月に、その年に大いに話題となった、新語や流行語が表彰され、その年のトレンドをしのぶことができる、「新語・流行語大賞」。(2003年より、「ユーキャン新語・流行語大賞」と改称)2018年の大賞は「そだねー」が選ばれましたが、平成五年の「新語・流行語大賞」の大賞を受賞したのは……!

「Jリーグ」です!

Jリーグとは、日本のプロサッカーリーグの略称です。プロサッカーとは、プロフェッショナルな選手がプレイするサッカーの試合で、リーグとは、参加者が対戦した結果の成績によって、順位を決定する競技大会のことを指します。

Jリーグは、もっと昔からあったかと思っていましたが、実は平成五年にスタートしてたんですねえ。当初はわずか10クラブのみで開催。その後J1、J2、J3の三部リーグ制となり、クラブ数も、ワラワラとたくさん増えました。

ちなみに、新語部門では、Jリーグの観客を意味する「サポーター」に決定。女優の設楽りさ子(三浦 りさ子)さんが受賞しました。女優とサッカー、関係ないやん! と思ったら、さもありなん。関係ありました。レジェンドのサッカー選手、三浦知良さんの奥さんだったのですね。ナットク!

今では全国津々浦々、数多くのサッカーチームがしのぎを削り、オラが町のチームをサポーターが支えて、地域が活性化しています。筆者の地元チームはレノファ山口です。

ほかには、ダチョウ倶楽部の定番ギャグ「聞いてないよォ」や、台の上に立って踊るお立ち台ギャルのための専用台、「お立ち台」が受賞しました。受賞式には台ではなくお立ち台ギャルが出席しました。

ファインダーをみなくてもビデオが撮れる!「平成」五年のDIMEトレンド大賞は、シャープ「液晶ビューカム」!

さて、新語・流行語大賞と並んで、その年のトレンドを選出して表彰して、世間で話題沸騰なのが、流行に敏感や、オシャレでナイスなビジネスマン必読の雑誌『DIME』が主催する、「DIMEトレンド大賞」。「もっとも創造性、先見性に優れたと思う新商品、新サービス」から、大賞が選出されます。

栄光ある、平成五年の「DIMEトレンド大賞」を受賞したのは……!

シャープ「液晶ビューカム」です!

それまでのビデオカメラは、ビューファインダーを目に当てて、のぞき込みながら撮影するのが一般的だったのですが、「液晶ビューカム」は当時としては画期的な、液晶のビューカムを搭載。

カメラで撮影したい映像がそのまま液晶に表示されますので、ファインダーをのぞき込む動作が不要。そして、液晶画面はそのまま再生用としても使えますので、撮ったその場で楽しめ、さらにはモニターを回転させれば自分も撮れるなど、驚きの機能が満漢全席で、大ヒット商品となりました。

その後、ビデオカメラやデジタルカメラは、液晶ビューカム画面付きがアタリマエとなり、のぞき込んで撮影画面を注視するビューファインダーを凌駕した感があります。

今から考えたら、結構不便やってたんだなー、としみじみ思いますが、液晶ビューカム登場以前は、それがアタリマエだったんですよね……。

……というワケで、とりあえず2019年は、拙作の漫画がDIMEトレンド大賞にノミネートされるんじゃないかと、大いに期待しているのですが。やっぱりムリ?

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。