人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.20

キャッシュレス時代の大本命サービス「Apple Pay」の使い方と設定方法

 バーコードやQRコードを読み取って決済するモバイル決済が注目されています。「LINE Pay」や「楽天ペイ」、ベンチャー企業が提供している「Origami Pay」が早くからコード決済に取り組んでいますし、「100億円あげちゃうキャンペーン」で「PayPay」が一気に認知度を上げました。また、ドコモも「d払い」としてコード決済サービスを提供しています。2019年は「au Pay」や「ゆうちょPay」なども始まる予定。普及を進めるため、サービス開始当初はポイント還元を強化してきますので、お得に買い物するためにもQRコード決済サービスは目を離せない状態です。

 ただ、「○○ペイ」といったら、まずは「Apple Pay」ではないでしょうか。Apple Payでは、FeliCaを搭載したiPhone 7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchを、お店にある読み取り機にかざして素早く決済ができます。正直、いちいちアプリを起動してコードを読み取る/読み取ってもらうコード決済よりも、Apple Payの方が実際の決済は快適です。Suicaをはじめとした交通系ICカード、iD、QUICPayなどが使える場所で利用でき、アプリやウェブサイトでも簡単に支払いができます。改めてApple Payの使い方を確認してみましょう。

カードの登録が超簡単!

 Apple Payで支払いをする場合は、まずクレジットカードやSuicaカードをiPhoneに登録します。Apple Payは、ほとんどのクレジットカード、プリペイドカードに対応しています。まれに非対応な場合もありますが、とりあえずiPhoneで試しに登録してみるのが、対応しているかどうかを手っ取り早く確認できる方法です。登録できないカードは手続きを進めることができません。

iPhoneの「Wallet」アプリを起動し、「+」アイコンをタップしてカードをカメラで読み取ります。

Suicaカードの場合は、カードの下4桁を入力した後、iPhone上部をSuicaカードの上に重ねて置くと、カード情報の読み取りが行われます。

「VISAカード」は登録出来ない?

「VISAカードはApple Payに対応していない」といわれることがありますが、これは一部正しく、一部正しくありません。VISAは日本のApple Payに賛同していませんので、VISAクレジットカードとして支払うことはできません。しかし、VISAのマークが付いたカードの登録自体は可能で、この場合はiDやQUICPay/QUICPay+での支払いとなります。iDやQUICPay/QUICPay+は後払い方式の電子マネーで、読み取り機に端末をかざすことで支払いができるリアル店舗向けの決済サービス。アプリやウェブサイトでApple Payを使う場合には使えませんが、お店でかざして使うことがメインなら問題ないでしょう。

VISAブランドのカードでも、QUICPayで利用できる。

 ちなみに、Apple WatchでApple Payを使う場合は、iPhoneの「Watch」アプリから設定を行います。

おサイフケータイが使えるお店ならほぼOK

 Apple Payは、リアル店舗の場合、非接触決済に対応しているお店で利用できます。使える店頭にはAppleのリンゴのマークや、iD、QUICPay/QUICPay+、Suicaなどのマークがあります。日本でApple Payの読み取りはFeliCaによって実現されているので、おサイフケータイが使えるお店なら使えると思って問題ありません。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。