人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.17

子どもに働いてほしい企業ランキング、3位NTT、2位トヨタ、1位は?

マイナビが発表した『2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査』によると、子どもに働いてほしい企業は1位「公務員」2位「トヨタ自動車」3位「NTT」。約半数の保護者が子どもの就職先に“安定”を求める結果になった。

約半数の保護者が子どもの就職先に“安定”を求める結果に

子どもに働いてほしい業界の上位3つの回答をポイント付けして算出すると、1位「官公庁・公社・団体」が突出し、2位に「医療・調剤薬局」、3位「総合商社」、4位「薬品・化粧品」「教育」が続いた。

働いてほしい企業としては、1位「公務員」が圧倒的に票を集め、前述の質問と相まって、公務員への就職を望む保護者が多数であることが分かった。2位「トヨタ自動車」、3位「NTT」、4位「日本航空(JAL)」「パナソニック」といった保護者世代にも馴染み深い企業が名を連ねている。

また、特別調査としてバブル世代の「就活事情」も実施。今では想像できない就職活動エピソードが満載だ。

現在の就職活動は、同じ売り手市場ということもあり、いわゆるバブル期と比較されることが多い。そこで当時就活をした世代(1986年~1992年に新卒で就職活動をした)の保護者に、自身の就職活動について弊社で挙げた特徴の中から思い出を複数回答で選んでもらったところ、最も多かったのは、「交通費が支給されることが多かった」の27.9%、続いて「スーツ(色や形)が自由だった」の27.1%、3位には「就職情報誌が山のように届いた」の26.8%が続いた。なお「10月1日に内定拘束(例:旅行に連れて行かれたなど)があった」と19.0%の親が回答しており、バブル世代ならではの就職活動事情もうかがえる。

「2018年度マイナビ就職活動に対する保護者の意識調査」概要
調査方法/WEBによるアンケートフォームに回答
調査期間/2018年11月21日(水)~2018年11月25日(日)
回答数/ 1,000名

関連情報/https://saponet.mynavi.jp
構成/ino

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年4月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は「40kgまで量れるラゲージスケール」! 特集は「GW&出張に使える旅グッズ142」「最新極上ホテル33」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。