人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

2018年の携帯電話業界はどんな年だったのか?プロが辛口診断

2019.01.20

“2割4割”発言で窮地に立たされるMVNO

房野氏:MVNOはどうでした?

法林氏:ついに「iPhone 7」を売り始めましたね。

石野氏:あれ、結構インパクトが大きい。

石川氏:iPhone 7はいい端末ですからね。

法林氏:2年前の端末ですけどね。

石野氏:2年前というのがちょっと引っかかるのと、カメラのクオリティが最新モデルと比べると、特に暗所撮影は落ちますけど、Apple Payが使えるのは大きいですよね。

法林氏:防水とApple Payはメリット。デメリットは本当にカメラだけ。

石川氏:「iPhone 6s」に比べたら断然いい。春商戦はiPhone 7でしょうね。

房野氏:iPhone 7は、Y!mobileとUQ mobile以外も扱うんですか?

石川氏:BIGLOBEも出すんじゃなかったかな。

法林氏:mineoは?

石川氏:「iPhone 8」を独自調達だと思いました。

石野氏:サブブランドとサブサブブランドが取り扱うってことですね。これはインパクトが大きいな。

房野氏:2018年の携帯電話業界全体としては、どんな印象を持ちましたか?

石川氏:2018年は外的要因に振り回された。8月以降はもう、菅官房長官の発言で。政治がとやかく口を出してきた。

石野氏:政治の年でしたね。サブブランド規制とかあったじゃないですか。失敗して何も実現していないけど、MVNOが窮地になってきている。

法林氏:本当にね。MVNOは、がんばっているのはわかるけれど、だいぶつらそうだったよね。

石川氏:ドコモが“2割から4割”を言っちゃったら、MVNOの魅力はなくなっちゃう。

石野氏:そうですね。とどめを刺すことになる。

法林氏:だからこそ言ってはいけなかったんだよね。

石川氏:そう。自然に競争するなら、まだ切磋琢磨して良かったけど。

法林氏:予告でしょ。

石野氏:買い控えが起きちゃう。

法林氏:その一方で接続料の話は2019年以降とかになっている。それはダメでしょう。

2019年は楽天のお手並み拝見

房野氏:2019年10月に楽天はMNOとして携帯電話事業を始めます。12月には基地局工事の安全祈願をしましたね。

石川氏:三木谷さん、あそこはヘルメットをかぶらないと。

法林氏:そうねぇ。なかなか難しいところがあるけどね、髪型が崩れるから(笑)

房野氏:神様にあいさつするときにヘルメットはどうかと(笑)

石野氏:いやいや。基地局の工事はそんなに安全じゃないですよって。

石川氏:記念撮影のときはかぶらないと。

法林氏:作業着も着ていたし、後ろに基地局を置いていたからいいじゃん、あそこで工事するわけじゃないので。安全祈願では、基地局の工事をするベンダーさんがたくさん参加していた。ミライト(電気通信工事などを手がける建設会社)とか、KCCS(京セラコミュニケーションシステム)みたいな会社がたくさんいた。ノキア(ノキアソリューションズ&ネットワークス)も来ていたし、ちゃんとやるんだなという気がするんだけど、まぁ、とりあえずはお手並み拝見としか今はいいようがない。どれだけ中でコントロールできるか。

 それと、安全祈願の後、基地局の設置場所を電話で交渉して押さえるセンターが公開されたのですが、謎な感じでした。ものすごく広い会議室に机を大量に並べて、みんな電話したり、パソコンに向かって交渉したりしている。東名阪地区から順調に進んでいますということでしたが。様子を見た限りでは、イー・モバイルのときと時代が変わっているので、Googleマップとか含めて立体的に情報を取れるようになっていました。イー・モバイルの最初の頃に聞いたけれど、当時はゼンリンの住宅地図をめちゃくちゃ使っていたそうですよ。地図がすり切れるほど場所を調べたと。で、ここならいいだろうって決めても、実際に行ってみたら、ちょっとこれは……みたいなこともあったと。そういうのはなくなっていて、時代は変わったなと感じた。今流のやり方があると思った。

石川氏:たぶん、地図上に基地局を置くと、どれくらいの電波が飛ぶとかもわかるようになっていると思う。

法林氏:シミュレーションは昔と比べてしやすくなっていると思います。で、楽天のその部屋にはモニターがあって、達成率みたいなものが英語で表記されていた。

房野氏:やっぱり英語なんですね(笑)

法林氏:これがパフォーマンスなのか、普段からやっているのか、読めなかった。ただ、がんばってやっているみたいなので、今の段階からノーと決めつける必要はないと思うし、順調に行っているといっていたので、それを信じるしかない。お手並み拝見ですね。

石川氏:本当に取材に行きたかった。三木谷さんが「他キャリアに負けないくらいのスピードが出る」って言ったそうだけど。

法林氏:「異次元の安定性」って言っていた。どんなんだ。

石川氏:なんで他キャリアと同じくらいのスピードが出るんだと。どういう技術なんだと。

法林氏:スピードは出ないよ。スピードの方はあまり強調していなくて、異次元の安定性という言い方をしていた。

石野氏:キャリアアグリゲーションとかしないから、安定しているのはもちろんでしょう。

房野氏:安全祈願はソフトバンクの通信障害の次の日だったので、それに関する質問も出て、大丈夫ですと言っていましたね。

法林氏:強調していたのは安定性なんですよ。スピードのことは、それほど強調していない。

石野氏:大丈夫としか言えないですよね。

石川氏:ある記事によると、「ネットワークスピードについては、他社と同等、あるいはそれ以上が実現できるのではないかとコメント」。

房野氏:「それ以上」というのは、考えるとなぜ? って思いますね。

法林氏:それはないよ、(楽天がもらった周波数は1.7GHz帯の)1波なんだから。それは無理だよ。

房野氏:楽天のネットワークは、ノキアにおんぶに抱っこという感じになるのでしょうか。

法林氏:そう。

房野氏:そうすると、今回のソフトバンクの障害のように、ノキアの方でまずいことがあったら、障害が起こるということですね。

石川氏:だから、通信障害ってどのキャリアでもあり得ますから。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。