人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

普通だから珍しい!新小岩のフツーの居酒屋「H」

2019.01.26

そして“ん”の字はハナ上がらない…

 ほら、最近の呑み屋っていうと、わざとレトロっぽい雰囲気にしたりとかさ。そうじゃなきゃ逆にギンギラ看板光らせたりさ。そのどっちかじゃないの。ところがそのどっちでもないこの普通さ!

「これですよ、コレコレ!!」

 なんて店に駆け寄り、引き戸を開けて入る。

 いや〜外観も年季入ってたけど、店内はそれ以上年季入っておられました!

 ますますイイですよ〜。

 そしてカウンターの中には、また失礼な言い方ですが、しっかりと年季の入った女将さん。まぁ、
店よりは年季の入り方は弱めでございます。

 さらにカウンター席には、店同等の年季の入った男性客一人。二人は特に談笑するワケでもなく、男性客はジ〜ッと静かに酒を呑んでいる。

 カウンター奥の短冊に書かれたメニューを見れば、ウインナー炒め・350円、納豆オムレツ・400円、厚揚げ焼・350円、ニラ玉子とじ・400円なんつう、これも普通っぽい料理名が書かれてるんだけど、その文字がまたいいの!

 なんか店によっては、こういうメニューの文字が変に洒落た字体だったりするじゃない? 前衛書道みたいなさ。『おでん』なんてメニューだと、最後の『ん』の字のハライがビョーンなんてつって『お』の方まで上に伸びちゃったりするような字。

 まぁあれも別いいでけすけど、ここはもうそんなケレン味まるでなし! なんか子供のノートに名前書くようなサインペンで、普通の楷書で書いてある!

 この普通が逆に珍しいんだよなぁ…。

 そして注文。すでに腹一杯なので、重ね重ね失礼だけど、緑茶ハイ・350円とピリ辛らっきょ・300円だけ頼む。

 ふと横の男性客を見ると、、カウンターとは逆側にあるテレビを体を斜めにして眺めている。

 緑茶ハイを一杯呑んで一息付いてから、先客に倣ってテレビに体を向ける。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。