人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2019.01.17

パナソニックがBS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵した4K液晶ビエラを発売

パナソニックは、BS4K・110度CS4Kチューナーを内蔵した液晶テレビ4Kビエラ「GX850シリーズ」4機種、「GX750シリーズ」2機種を発表した。「GX850シリーズ」は65V型、55V型、49V型、43V型の4モデルを用意し、43V型は2月22日、そのほかのモデルは1月25日に発売。「GX750シリーズ」は49V型、43V型の2モデルで1月25日に発売する。いずれも価格はオープン。

両シリーズとも、新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K)に対応したチューナーを1基搭載。新4K衛星放送も従来の地上/BS・110度CSデジタル放送のハイビジョン放送もひとつの外付けハードディスク(別売)に簡単に録画することができる。また、明るいリビングや斜めからでも見やすい4K高輝度IPSパネルや、クリアで力強い迫力の音を実現する「30Wダイナミックサウンドシステム」を搭載する。

「GX850シリーズ」

地上デジタル放送などの通常の映像もAI(人工知能)を活用してHDRのような高コントラスト映像に変換する「AI HDRリマスター」を新たに搭載。また、4K映像本来の色を忠実に描き出すビエラ独自技術「ヘキサクロマドライブ」を採用し、入力された色信号を色鮮やかに美しく再現する。

そのほか、LEDバックライトと信号処理による緻密なコントラスト処理を実現する「Wエリア制御」や、あらゆる映像を4K高精細化する「素材解像度検出4Kファインリマスターエンジン」、動体を認識して動きに合わせて倍速補間する「オブジェクト検出 倍速処理」なども採用。新4K衛星放送で採用されている「HLG」やUltra HDブルーレイの標準規格「HDR10」のほか、最新のHDR規格である「HDR10+」「Dolby Vision」にも対応する。

さらに、音響立体音響システム「Dolby Atmos」に対応し、テレビのスピーカーのみで上下左右から音に包み込まれる迫力の立体音響が楽しめるほか、吸着機能付きの「転倒防止スタンド」を採用する。

地上/BS/110度CSチューナー3基、HDMI端子4系統を搭載。予想実勢価格は、65V型の「TH-65GX850」が330,000円前後(税別)、55V型の「TH-55GX850」が250,000円前後(税別)、49V型の「TH-49GX850」が190,000円前後(税別)、43V型の「TH-43GX850」が170,000円前後(税別)。

「GX750シリーズ」

高輝度域から低輝度域まであらゆる色で鮮やかで忠実な色再現が可能なカラーマネジメント回路「色忠実補正回路」や、映像の明暗をよりリアルに表現する「エリアコントラスト制御」を搭載。新4K衛星放送で採用されている「HLG」やUltra HDブルーレイの標準規格「HDR10」、最新のHDR規格である「HDR10+」に対応する。

地上/BS/110度CSチューナー2基、HDMI端子3系統を装備。予想実勢価格は、49V型の「TH-49GX750」が160,000円前後(税別)、43V型の「TH-43GX750」が140,000円前後(税別)。

関連情報
https://panasonic.jp/

構成/立原尚子

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年2月16日(土) 発売

DIME最新号の特集は<超保存版>「絶対得するスマホ決済」「知られざるミリオンヒット商品47」「ビジネスリュック新作大図鑑67」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。